絶望ノート(7/31)

  • 第一次視覚野を破壊すると全盲
  • 第四次視覚やを破壊すると色がわからない、モノクロ
  • 第5次視覚野をはかいすると動きがわからない、止まっているものはわかる
  • 色を4で知覚、形を認識、動きを認識、赤い、リンゴ、転がっている、その順で知覚する、同時には理解できない
  • 今見えているものと思っているものもすでに過去目の前に転がっている、そのちょっとまえはリンゴ、そのちょっとまえは赤い色をしていた
  • 目ができたから世界が世界としてはじめて意味をもった
  • なんで三原色なのか➡人間の可視光線がその範囲だから、560NMの赤、530NMの緑、450NMの青の三色しな見えないから、世界が三原色で構成されていると思い込む、電磁波の限られた波長しか認知できない人間、紫外線が見えるちょうからしたらさんげんしょくなんて通用しない
  • 第一次視覚野だけで物をみているわけではない、無意識化で作用することになる上丘でみている、この上丘でみたものは無意識で処理されるから本人は気付かない、超能力、オーラなどはこの上丘の力をつかっている
  • 見えてないのに見えているかのようにふるまう盲視のネオ、上丘の上級者
  • 字が読めるほどは発達していない上丘、原始的能力
  • バッターは上丘つかい
  • 無意識を意識でコントロールするのは超絶ムズイ、意識はスイッチのオンオフができる、判断できるが、無意識は勝手に発動する、その発動するのを抑制するためにリトルミーに刷り込ませる
  • 意識とは➡判断できる(表現の選択)、短期記憶、可塑性(過去の記憶)
  • 無意識を意識化させるフラクタル
  • ウェルニッケ失語症、ウェルニッケやが破壊されると言語を使えない、中朝的なことがすべてできなくなる➡言葉をつかえなければ人間じゃない、抽象的な創造、クリエイティブ、共通項をとる、本質をとるということは言葉なしではなしえない、分離を得意とする英語言語で責めるのが吉
  • 日本人が論理に弱いのは日本語のせい
  • 記憶はあいまいなほど賢い、具体的に覚えているとそれを応用できない、抽象化、共通化、パターン化できない、下等生物にはできない、ディープラーニングこそ最高、あいまいだから特徴を抽出できる、
  • なんで知識はすぐ脳にすりこまれないのか➡抽象化するためにいろいろな共通項をインプットしないといけないから、特定の知識だけを頭にいれるのは下等、上等な人間だからこそ定着が遅い、定着が遅いことに気を病むことはない、共通項をとる、いろんなインプットをすることが一番の近道
  • 特徴を抽出、抽象化することが得意なおれ
  • 意識的に共通項を探す訓練をすればおのずと無意識に刷り込みが進む
  • 仕事で金がもらえるのは自分が自分の仕事に価値を感じているから
  • この世は平等、自分が思考をためた分、現実化する
  • 相手、親の仕事を認めることで、自分の仕事が認められる、親と同じ仕事をしている自分を表することになる
  • 脳は主語を把握できない、この世は平等、政治家は働いている、病人は働いていない