岩波呼吸

  • 瞑想の形にこだわらないはなぜか➡瞑想は何種類もあり、型もあるがそれはあくまで指針であり本質ではないから
  • 型をならうのはなぜか➡いちから自分で達人の視点にいくのは時間がかかりすぎる、継承するためにしかたなく型という形で伝達する、本当は自分で試行錯誤してその型に至るまでの背景を知るべきであるが時間がない、たどり着けるとも限らない、師匠のてをかりて型をならいすこし形を崩してそれでもなんでこの型が良いのかを検証する、エゴが介入するがそれはしかたない、人間の癖があるから
  • 呼吸の本質は➡リラックスすること、見返りを求めずにやること、他人になんでやっているといぶかれても面白いからやってるんだよといえるくらいのばかさ、ばかの一つ覚えでやる、質より量
  • 瞑想の罠➡瞑想がしたい、と思うとできない、金がありすぎているのにこれ以上金はいらないというやつが、金がほしいと言うと思うのか、思考が邪魔してきたらそれを追い出さないといけないと思うと追い出せない、皮肉なリバンド効果が働き、かえって思考が介入する
  • 呼吸法にこだわらないのはなぜか➡呼吸法なんて形にすぎない、浅い深呼吸をやればそれだけでいい、姿勢、複式呼吸なんてものは瑣末なもの、変性意識にはいりやすい自分にあった呼吸法、姿勢を実験していけばいい、それが禅、ヨガの呼吸法と似てるかを実証する、答え合わせ
広告を非表示にする