絶望ノート (6/11)

  • 客観的にみて悪いことをしてないのに潰れてしまう、自己嫌悪にハマってしまう、罪悪感に押しつぶされてしまうのはなぜか➡闘志がたりない、他者への気遣いがたりない、自分の欲に従順、エゴを満たしたい、優しくない
  • 罪悪感を感じていることに対して罰金、点数をつけて客観的に評価、殺人が100なら虫を殺すのは2
  • いじめを受けたことで自己否定、自尊心の欠如が発生し自分のフィルターが濁る、過去、未来にたいして自分が行うことがすべて責められているように感じる、
  • 自己否定しすぎて自己正当化すらためらってしまう、スミス、洗脳されすぎだろ
  • 人間は不完全なものなのに、自分だけ特例で完璧で正義であろうとするからおかしくなる、自尊心が傷つく、みんなクズでおれもクズ、だからなに?くらい
  • 優しい人の仮面をかぶっている屑なスミスを殺す➡いじめられてなんでもかんでも自分に対する攻撃とみなす、攻撃されないためこちらから攻撃の手を緩める、降伏する、隷従関係ができあがる、他人が上で自分が下、自分はもうあなた様になにも危害を加えませんから人畜無害で過ごしますから、どうか私を傷つけないでください、傷つけられたくないから相手を傷つけない、結局自分のことしか考えていない優しさに変わる
  • がむしゃらに主体性を持って行動することも大事、冷静になってしまうと理性が介入して勢いがストップしてしまう、ありもしないリスクに囚われてしまう
  • 社畜のなかでもやっていけるやつは自分のなかで高い目標を掲げているから、それにむかって主体的に動いているから低い目標で安住してしまうと冷静になってマイナスイメージがたまり休憩しても休まらない
  • 平凡、ありきたりに感動するためには➡非凡、世間とのずれを経験したものだけ、違いがわかるものだけ、ズレてイカれて走ったものだけが感じ取れるもの
  • なぜ不安になるのか➡周りの考えていることと自分の考えていることに乖離があるから、その乖離があることを当然として認識できていないから、ずれが発生することによる弊害を客観視できていないから、流行に乗っていないことは絶対悪ではない他人と共感ができないがそんな共感したいために生まれてきたわけではない、他人に合わせることは本質でないと見抜けない自分の未熟さ
  • 金は手段、生きる上での本質は➡自分だけではいきていけない、家族以外に自分を救ってくれる人脈を作ることが本質、それができたら金はいらない、最低生きていける、自分のやりたいことをしたいなら金が必要、それか信頼が必要、投資して貰えれば構わない、仕事と関係なく飯をおごってくれる人がいれば死なない、
  • なんで納得していなくても仕事をするのが大事か➡仕事が大事という視点に立っていないから、地平を合わせることができていない未熟者だから納得言っていないだけ、何で仕事をしなければならないかと思考だけで考えていても答えはでない、さっさと行動したほうが疑問は解決される、考えることが悪いんじゃない、考えることに偏って行動しないことがよろしくない、自分の絶望レベルが上ったときにやっと父の言っていたことが理解できるようになる、理解できないのは子供脳ダカラ、抗いつつそれをやる、そして自分の関心からそのやるべきにつなげて面白さに気づく、
  • 英語を勉強したけどできないという中途半端な頭のときは、さっさと英語を勉強しなければならない環境に身をおけ、強制力で成長を加速させろ
  • 外国語を学ぶ本質➡自分と異なる考えに触れるため、違いにであうため、対極の考えと触れて自分の立ち位置を相対化するため、
  • 本質を見極める上で、それがなくてもいいよね、というのは容赦なく削除、ないと困るもの、それがなくてはそれまでやっていたことの意味がなくなってしまうのもの、自分がやりたいときにそれがないと困るもの、が本質
  • 英語を学ぶ末端の理由➡受験に受かるため、良い点数を取るため、文法を完璧にするため、発音を良くするため、
  • 外国語を学ぶ本質の理由➡考えに触れるため、変人めぐりを海外で行うため、
  • 自分の考えを構築するのが自分の人生を生きるうえで重要だと気づいた、それ自分の考えを作るために熟考した考えを持つ人に話を聞きに行き振れ幅を広げる、視野を広げる、視点を盗む、そこから自分のオリジナルの哲学を構築する(ジンテーゼ)、その哲学者の弱点と参考になる点を批判的に分析することで自分の立ち位置を客観的に把握できる、その振れ幅を広げるにはより自分のしらない世界が見えている人、対極の考えを持っている人、なるべき自分と同じく人生の底を味わってから上昇するまでに構築した哲学が自分に響く、自分と同じ悩みをもちそれの解決法を持っている人の意見ほどありがたいものはない、自分の未熟な視点を引っ張り上げてくれる変人に出会うため外人と哲学の話しをする、その上で手段である言語をこっちが持っていないと相手と話あえない、自分の意見を正確にいえないと質問が曲解される、誤解を解くのに無駄な時間がかかってしまう、端的に自分がいいたいこと、聞きたいことを相手に伝えるには共通の言語を習得しなければならない(英語を学ぶ必要性に絶望できつつある
  • 匂いは目に見えないが成分としてはある、量子力学で説明がつくのか
  • 自律神経は意識で操作できない、自律神経に意識が操作されている、そうであるなら自分の選択ですべてを選ぶと言うのは無理では、運命論
  • 金の本質を知りたければ、金の歴史を探れ➡貝殻紙幣のとき不便だったから兌換紙幣に、それでも不便だから不換紙幣に、物事は複雑になりすぎている
  • ノウハウコレクターの罠➡ノウハウはつかってなんぼ、博識であることに価値はない、ひけらかしてすごいと他人に認めて貰いたいだけ、自分の人生を生きるためには最初は認められないくらいのことじゃないと価値がない、洗脳された日本人に認められるものならたかが知れているそのアイデア自体も洗脳されている視点からしか勝たれていない、認められないからこそ俺の人生、博識になることが本質ではない、ひとつのノウハウを極めて自分の人生を生きればいい
広告を非表示にする