読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望ノート (5/10)

  • とらわれをなくすは自己正当化だった県➡未熟な自分のあたりまえと、世間一般の大人の常識にかい離がありすぎたため、世間の常識を否定しそれをゼロ化してあたかも自分の当たり前をゼロ化していた気になっていた、それで自分はこれまでの常識にとらわれない、殻を破った人間ですごいでしょ、と特別視してもらいたがる、でもそれは結局社会常識から逃げる自分、スミス、洗脳された未熟な心を正当化させていただけだった、常識を疑うのもいいが、なんでこの常識が定着しているかよく考えろ、この常識がなったら無法地帯、原始時代に逆戻り、それこそアメリカの格好の餌食、自分の未熟な視点を捨ててまずは日本の常識を尊重する、それをとりいれて自分の軸を気付きあげる
  • 大人「礼儀はきちんとするべきだ」子供「なんでだよ、それが古いんだよ」➡従来の日本の常識を取り入れなければ成長できない、それが一種の洗脳ではあるが、ある程度それも大切、外国にでたときにそれが絶対でないことを思い知る
  • 外人「これぐらいでもいいだろ」日本人「もっときちんとやれ、手を抜くな」➡アメリカナイズされたところは日本人の価値観がつぶされるが、日本で済む限り日本の常識もわきまえろ、日本人との商売をやるためにも日本の常識にあわせて自分が動く、
  • 低きに流れるスミスの癖➡あっちのほうが楽そうだ、海外のほうが仕事をさぼれる、マナーもくそ、質も低い、だから自分がやるべきことも少なくて済む、海外のほうが正しい、日本の常識は古い、怠ける自分を正当化、実際は実力社会だから怠け癖がついたやつほど痛い目を見る、
  • 相手を批判するのは自分のやっていること、自分の意見を正当化することが目的の場合がたたある
  • なにも考えない➡形式にこだわる、常識に固執する、なんでその形式をとるのかの意図がわかればそれ以外の手段がいくらでもあることに気付けるはず
  • 目の前の課題に挑戦する、取り組む、行動するための正当化はよしとする
  • 自分の立場を正当化するスミスの癖をりようして、なりたいやつの立場を正当化する、それで自分を批判的にみる
  • 大人の目で見て、現場で叱られている部下がいたらどっちが悪いか➡部下が悪い、それを指摘してもらって有り難いと思え、その指摘がなかったら自分の成長はないし、将来社長になることもなかった
  • 相手のアイデンティティなんでそんなことをするのか、が理解でいないとき人は気持ち悪がる、
  • 他人との違いを楽しめるのがコミュニケーション
  • なんで女のほうが海外進出するのか➡
  • これでいいのか、おれ、とぶれなければ別にまわりにあわせなくてもいい、不安があるから周りの視点を受け取ってそれに対して自分をあわせるか、自己正当化する
  • IDが不幸な自分だと、それを証明するため不幸なことばかり目に行くようになる、IDが幸せな自分だとやっぱり幸せだと思う事柄が増えてくる
  • 判断基準が相手よりも詳しく知っていなければならない、欠点をさらしてはならない、となっていると成長の妨げになる、傲慢➡欠点をさらすと弱点がへる、相手の内面を引き出す、専門分野については相手より詳しくなくて当然
  • インプットレベル➡聞いていない、他人事として聞いている(否定しながら聞いている)、相手の主張や判断基準をゼロ化して聴ける、話の中身を聞いて主張や要点は理解している、話の背景にある理由や原因まで理解している、聞きながら自分の理解不足な点を自覚できる、不明な点を質問して認識のずれを埋めることができる、相手の話を要約してほかの人に伝えられる
  • アウトプットレベル➡相手に聞く意思がないため全くつたわらない、聞く意思はあるが誤解されて伝わってしまう、聞く意思はあるが正しく理解されていない、相手が関心があり伝わる、相手に強い関心があり趣旨と背景が理解される、伝えてが何者でどういう背景からそれを話すのか理解されている、反対意見を持つ人が理解できる、反対意見を持つ人が理解し賛同できる
  • 相手を成長させることが間が、相手が未熟だとそれに気づいてくれない、愛とは相手を理解することだと定義づけている場合はまずは相手の考えを同意する、相手を十分理解して共感して的確な話をすればそっけない対応でもおk
  • 自分の本当に望んでいることをイメージできる人はいない、それが凡人、プロはそんな凡人の意図したもの、望んでいるライフスタイルを質問を通して理解してサービスを提供する、職人の独りよがりではなりたたない
  • なんで資格をとりたくないのか➡資格をとるとそれ相応の知識、技量を身に着けておかなければならない、と信じ込んでいるから、資格はあくまでかざりと思っている奴もいるのにね、良い成績とる、みんなが褒める、期待される、期待に応えられない、そんな優秀じゃないとと信じ込む、期待されないことを目指す、成績おとす、能力を制限する、優秀じゃない自分を証明する
  • 優秀であるとどんなデメリットがあると信じているのか➡目立つ、期待される、甘えが許されない、期待にこたえないといけない
  • 自分は特別、自分は他人より優れていてあたりまえ、他人よりよく知っている、傲慢➡博識をめざす、他人が自分より知っていると許せない、それを知っていて当たり前と思ってしまう、自分がしらないと知っていて当然と思われるからた批判されると洗脳されている
  • 自分は凡人、他人のほうが優れている部分は多々ある、自分がしらない部分があるのは当然➡自分のしっている世界をもっと追究しよう、手広くやらないでおこう、
  • すごいと思われたい➡自分は他人の心はすべて解析できるんだ、と周りに説き伏せたい、この行動の原理はこういう理由でだからこんなことをあなたはしているんだよ、といって鼻を高くしたい、ひとよりもすぐれていたい
  • 損な役回り、勝ち馬にのらない性分から、大多数派からにらまれることがよくあり、濡れ衣を着せられた、自分の主張は間違っていなく、それに正義があると信じている人もいるのに声が通らない、自分の声をつぶすために大衆がおれを追っかけてくる、つぶしてくる、それに抗い内部告発をして一矢報いて命を燃やす
  • 人を負かしたくないのは優しいからではない➡勝つことによるデメリットがでかいから、負けるという選択をとる、勝つと目立ってしまう、期待がのしかかってくる、やらなければならないことがふえる、負けると無視される、こいつはぽんこつだからしょうがないとみなされる
  • 他人に頼みごとができないなら、頼まれる側にたって自分のスミスを殺してみようか
  • 罪悪感のせいで、こんな自分は不幸がおにあいだと洗脳されている、きがする
  • 本来の自分をとりもどすと、他人をからかったり、ものを盗んだり、相手をばかにしたりする、きがしてそれを抑制している、

 

 

  • 自分のやりたいこと
  • 他人の視点を学びたい
  • それを活用したビジネスにしたい
  • 自分の課題をつぶしスミスをころしたい
  • つらい環境にみをおいてもなお自分を保っていられるか試したい