読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望ノート (5/01)

  • ありふれた、なにもないところから面白味、魅力、価値、意義、を見出す視点を持った男
  • 視点を増やしていま取り組んでいることの改善につながるコツ、ポイントを探すプロになれば早く成長できるのではないか
  • 自分の意見を2人の自分でやり取りして疑問点、批判点をだしてそれに対応できる考えを言葉で伝えることができれば説得力があがるのではないか
  • キング牧師、最大の悲劇は悪人の残酷さでなく、善人の沈黙である、気付いていながらそれを周りに言わない、自分もその直感をしんじきれない、あきらめがいい、のは無責任、それは自分の人生を生きているとはいわない、この世全体がおれでもあるのだから、俺が悪い方向に行っていると感じたなら、軌道修正せな無責任やろ
  • 相手を批判するのは自分の責任、相手が悪い方向に行ってもいいのならいいが、愛があるのなら批判しては出してやれ、そして最後に人間なんて間違ってるけどな、と捨て台詞
  • 相手のひはんはそのうらに愛があるではないか、嫌っている、成功を邪魔しようとする、相手を陥れようとするやつはそんなこと言うだろうか、相手のフィルターからみて自分のみえていない課題が見えているから伝えてくれているのではないか、俺とそいつの間柄だから言ってくれているのではないか
  • 誤解されるような、世間一般から離れている発言、それはそいつなりに世界を良くしようとしているから、空気につぶされないバカだから、
  • 自分を否定してくる相手に、自分の考えをぶつけ相手を育て、自分も育つことによって正しい道を歩む教育者となれる、のかも
  • 理解できないものに触れることで、自分の視点の未熟さに絶望でき、気を引き締めることが可能なのではないか、この世は広いぞ、うぬぼれ回避、わかったつもり回避
  • 自分より若い奴が自分よりも努力して自分の目から見てすごい、かなわないとおもうようなことをやっていても、それを真似しなければいけないわけではない、ならないはとらわれ注意報発令中、とらわれずに自分の未熟さに絶望し謙虚になり自分の直感のもと目の前の課題をたんたんとこなす、集中して目の前の課題から逃げないこと、他人と比べるのはペース、自分の思考方向、22年間の時間を他人に振り回されて無駄にしてきた分を取り戻そう、ペースがゆるいぞあいつにまけるな、自分の思考の方向がすこし甘い考えだぞもっと熟考しろ、ほかの人の意見を丁重におききしなさい、相手の視点をぬすんでやれ
  • 自分の脳みそがもう一体ほしいと思えるようなタスク、行動をしろ
  • 難解な哲学書を理解できるようになるくらいの視点を修行場で鍛えればどうか
  • 相手に自分の考えを押し付けるのは傲慢だと感じている今のおれ、そこで最後に人間の考えることなんてだいたい間違っているけどね、と傲慢から謙虚になる
  • 恐怖を感じていることが本当に絶対的に正しいのかどうかをアンチテーゼする
  • それはダメなんじゃないか、なにいってんだこいつとなるのは、たいていのような気がするだけ、多くの日本人は理由づけしてそれを非難できない、自分がテーゼのあら捜しをしてそれを説明できるようになれば日本人は遅るるに足らないかも
  • 自分が相手に行ってるあいだ、自分の考えいいでしょ、と傲慢にうぬぼれすぎるな、常に相手からの批判を想定して発言しろ、批判のアンテナをはれ、そこから自分の哲学の軌道修正ならびに絶望をせよ
  • この世は相対世界、ブラック企業で自分の芯を保ち続けるひとと、ねばりがなくすぐポキット折れてしまうやつの違いはなにか、で始まったおれの哲学、こいつとこいつの違いは何だ、疑問点、問題点をできるだけ書き出せ、そしたらもっと視点がふえる
  • エゴのかたまりのフラクタルカウンセラーの前でも自分を客観視し、自分の芯を折らずに入れた実績
  • 自分の哲学がどこまで通用するのか、実際にそれを使うことで自分を見失わず心穏やかで幸せでいられるかどうかの実験、それをやって実績をつくる
  • 「世界一周したい」「したらいいじゃん」「でもなおれかねないし」「できるよ」「でもなおれそんなことやってる場合じゃないし」「できるよ」「でもなおれ自信ないし」「できるよ」「でもなおれぽんこつだし」「できるよ」、これで本当にいいわけかどうかの見分けつくのか、なぞ
  • でもなーと言っているのが洗脳された思考
  • 父から見えている視点、自己投資には金をつかえ、が少し理解できたおれ、時間節約になる、有限な時間を金があることで有効に使えることができる、成長を加速できる、時間は平等だが、その限られた時間の中での密度を金を書ければ濃くすることができる
  • 今揺れ動いているのはジンテーゼをつくるプロセスだから、こんな御託をならべて自分のやりたいことをやっているテーゼ、それを否定する日本社会の就活しろのアンチテーゼ、それを統合させて改訂版自分哲学がジンテーゼででてくる
  • 思考しない限りまわりに流されるだけ、は錯覚真理なのでは、それか宗教にすがるか、でもそれ依存やん、やっぱおのれの哲学で勝負
  • 自分の課題、自分の幸せしか考えてない、全体のことを考えたときの幸せとはなにかを全然考えていない、政治から学ぼう
  • 抽象度の高い、哲学のところでしか絶望できてない、次元の低い、金、ビジネス、恋愛、友達、仲間についての絶望が全然たらん、
  • 自分が見えている価値がかなりはっきりしているのはいい兆候なのか、たいしたことがないのか
  • だれにとっても価値があるものというのはないし、それは傲慢、自分がゲーム、アニメに熱中できなかったのは俺が異端なのではない、それが自然、それが個性、価値が感じられないものをやりたくないというやつがいたらそれを尊重しよう
  • そのコンテンツを味わう、物にする方法はひとつではない、音声、動画、本、漫画どれを使っても構わない、目的が達成されるのであれば、その人にとって漫画が適切であればそれでいい、自分の目的は哲学をつくること、自分ににとっては堅い本でもさらーと呼んでだいたい理解してそれをかみ砕いて、解説サイト読んでいい視点だけつまみ食いすればオッケーにとりあえずしておこう、その本のあらすじ、細かい描写、難しいところ、専門用語は後回し、その探求の時間をほかに充てよう、熱くなりすぎたとき傲慢になったときに難し所を読んで自分の視点の未熟さに絶望しよう、冷めているときに我流でつっぱしろう、後で絶望する羽目になるかもしれないが、逃げにならないよう他人がやっていて自分がやらないことで作れる時間を最大限有効活用せよ、それをやらない分を自分なりの手段で補填せよ、それが自分が後で生き残れるか生き残れないかを左右する
  • 他人の思いに完全にうちのめされて相手の思いに依存するのは、いま使っている参考書を放棄してまた新し参考書を買う行為と同じ、自分は目的を忘れて手段にとらわれてしまうところがある、目的は自分の能力をあげることで低次の目的に
  • 大学にいく意義はなんだ➡他人の視点を学べる(自分で動けばよりいくらでもひろがる、大学に限った話ではない)、新卒の権利()、資格の獲得、部活でがんばる、大学生活たのしむ、モラトリアム獲得、箔がつく、
  • 海外の大学に行く意義➡見聞広げられる、人脈ふやせる、実力がつく
  • 日本の大学に行く意義➡自由時間(怠慢)、遊べる(怠慢)、留学いける
  • 文系の大学に行く意義➡(文系の内容で就職できるわけではない、たんに事務職が多数)、学歴がつく(高学歴でないと意味がない)、強制されたぶんは嫌でも知識がつく(成長のスピードが少ない)
  • 大学にいくことのサンクコスト➡社会人経験がつめない、生涯賃金がさがるかも、モラトリアムを有効につかわないと無駄、主体性が制限されるかも、
  • 大学にいくのはあたりまを疑えなかった過去のおれ
  • 以上のてんをカバーできるところがあれば別に大学にこだわる必要なし
  • 自分が相手を信頼できないのは、自分がこれまで他人を裏切ってきたからだ
  • 自分の直感はある前提(あたりまえ)の下で動いている(これは真理のはずだ、絶対だ)、この前提が間違っていたことに絶望できるかが勝負、あたりまえが外人にとってはあたりまえでなくそれをやっている外人をみてずるいと思う、でもそのずるいことをしないのは自分のエゴを守る目的があったりする、
  • 自分の考えでうごきたいおれの意思、これはある程度尊重してもいいのかもしれない、あいてにきいたほうが早いことがわかっているけど自分の考えを大切にして工夫を凝らして自分の視点を大事にしていた自分、これは長所か
  • 前提、当たり前、おれのやっていることは○○だからい良いで自分の課題がごまかされている、
  • 人間はウソをついてはならない、上にたてついてはならない、個性を発揮してはならないという当たり前が、Kにあったことで崩れた
  • 経験を積むごとに無意識であたまりまえがつくられていく、これがとらわれ、洗脳された思考、これをしばらくたったらもう一回崩す、殺す、謙虚になる
  • とらわれに陥らないよう謙虚になって相手の意見を受け入れ、自分の意見と比べどっちかをとる、尊敬する人からの意見は理解できなくてもとりあえず行動してみる
  • 怠慢、傲慢なときは自分のスミスに心を乗っ取られているサイン
  • 他人にとって価値あるものと自分にとって価値あるものは違う、他人はあらすじがしりたいけど自分はそこから得た気付きに価値を置いている、他人になにかを共有したいときリーダーシップを発揮する時は相手の価値観に合わせる必要がある、これもとらわれな気がするが
  • 迷ったら損切が大事、それにとらわれているのはある種自分のエゴを守るため、目的がある、でもその目的にとらわれている限り自分の人生いきられない、外部の要因をできない理由にしている限り、やりたいけどできないはスミスを守るため
  • スミスは自分ではみえない、無意識化にいるから、他人と衝突のときに問題に気付き、スミスの存在に気付ける、当たり前思っていること(とらわれ)、悪いことだと思っていないことに洗脳された思考の罠がある
  • 自分は貢献しなくていい、いいところどりしてやろう、損しないようにしよう、相手から奪おう、盗もう、おれだけWinしたやろう、相手との連絡をたちきろう、切り捨てよう、もういらなくなったから破壊しよう、いかに楽してそれを手に入れようか、かすめとってやろう、恩恵はうけても貢献しないのがあたりまえ、だまされるのが悪い
  • 上の立場のおれ、認められたい、自分が不完全なことがばれたくない、無知だとしられたくない、いい人でありたい
  • 下の立場のおれ、話半分できく、相手を認めない、俺のほうがすごい、自分が無知なことがばれたくない、こんなことも知らないのか言われたくない、認めてもらいたい
  • 幸せになりたい、と思うのは今が幸せでないという思いの裏返し、もう抱えきれないくらい幸せをもっていたらそれ以上望まないのがあたりまえ、らしい
  • 上は下よりもしっているべきだ、あたりまえ、上は下よりもできてあたりまえ、
  • やっていること、考えていることが悪いことだとスミスが判断して自信喪失、でもそれやってる全員だからな、おれはまだまだましなほう、迷惑かけているのは少ないほう
  • 自分の芯をつくるのは正当化する能力を高めることに似ている、謙虚さをわすたらまたとらわれる
  • マツコみたいに相手を批判することによって視聴者の願望によせようとするやつもいる、目的はひとそれぞれ、なんでそれを言うのかもひとそれぞれ
  • 屯田兵の枠をつくった慎吾はもう敵なし、慎吾だからなですまされる、マツコに冗談で批判されても受け流す、哲学がある、マツコにばんばんたたかれてもへこたれないような人間になろう