絶望ノート (4/25)

  • 非言論で逃げているのかの判別➡自分のみのまわりのものもただ起きているだけだという理解のもと、冷静になるのは良いが、それの考えをつかって自分がやろうと思っていることを加速できなかったら逃げの時だけ使っている、攻めの時も使えよ、カス
  • 告白するという行為もただ起こっているだけなら告白しろよ
  • いろいろバカにされるのも面白いと考えられるようになれよ
  • きみってかわいいねというセリフも自分がないんだったらやれよ
  • 出資を募るのであれば、企画を遂行できるという証明、実績が必要
  • 経験がないのに展示会とか製本ができると言われても信用できるか
  • 起業が最終目的になるのはおかしい、世の中に広めたいアイデアがあってそれの手段に起業というプロセスがある
  • 目的を得ることよりも手段である過程をどう充実させるかで人生が豊かかどうかきまる、プロセスを大事に
  • 人を説得できるくらいのプレゼン能力がなければ相手に納得してもらえないし、誤解されて終わるだけ
  • 宮崎ですら実績がないとナウシカは作れなかったんだぞ、
  • 他人となぜ共通の話題がないか、共感できなのか→共感できないことでメリットがあるから(自分がその分野に詳しくないという恥だと思っていることを隠せる)、感情が失われてしまったから
  • 向かう方向が自分の苦手な茨な道でもしかしたら金はもらえるかもしれないがエゴの塊の人種の中で生きていかないといけない、
  • もう一つの方向は、自分の特技をいかしてちょっと平和ボケしてこじんまりと人生を送る、おそらく調和を重んじるところに行けるので幸せを感じやすくなる
  • 感情をなくしたこと、プラス➡論理的に考えられる、感情に振り回されない、常に冷静でいられる、傷つくことがない:マイナス➡感動できない、共感できない、相手と盛り上がれない、冷めている、感情で成長できない
  • 真理「おれはどの状態においても完璧、それでいい」
  • 真理「バランスを完全にとることは不可能、全員の意見をとりいれても先にすすめない、大いに偏ってしまえ」
  • 気分が落ち込んだとき、他人に避難されたときに自己弁護して、自分の欠点のいい面を論理展開せよ、それか感情を殺せ
  • 気分が高揚したとき、自分の欠点、課題を解決できるよう動け
  • 自分が抱えている課題の光と闇を両方見て本当にそれが自分にとって闇なのかどうかを判断したほうがいい、やみくもに大衆にとっての課題が自分の課題だとは限らないのではないか
  • すべての人が大丈夫だよ、と認めてくれるわけではない、むしろ少数派、代替数は自分の意見に絶対の自信があるからそれを否定してくる、そのときにどう受け流すか、自分の良さを見いだせるか、自己弁護できるか、相手を逆にけなすことができるかが肝
  • 幸せはいまあるもの、状態、当たり前と思っているところからいかに素晴らしさを見いだせるかの能力、人にけなされても自己完結、自己満できる能力、幸せの定義付け能力、生きるだけでも素晴らしいと感じられたら最強
  • 足を知る、プラス➡心が落ち着く、幸せになれる、マイナス➡成長がとまる、周りが成長している中とりのこされる、
  • 自己満、プラス➡他人に承認されなくても大丈夫、自信を自分でコントロールできる、マイナス➡他人から評価されない、他人には理解されない、他人からお金をもらえない
  • 感受性、共感能力あり、プラス➡相手の気持ちを察することができる、サービス業に向いている、マイナス➡傷つきやすい、繊細、立ち直りにくい、情に流されやすい、
  • 人を馬鹿にしてはいけないという刷り込みがあるから、人をばかにしている感情すらも無意識下に抑圧しているかも
  • 人をきらうという感情を抑圧している
  • 相手を倒すことにためらいがあるのは変わってるのか、相手をぶちのめそうと思わないところに生きづらさの根源があるのか
  • 疑ってみるのはユダヤ人の姿勢を学びたかったから、真理を探求するのが目的ではない、ユダヤ人の考えを盗むための手段にすぎなかった、あぶない
  • 知っていることと、考えることは違う、教えられたことで効率よく目的に近づけるような気がするが、自分で考える力が足りなくなってしまう、思考軸が作れなくなってしまうため、師匠のコピーでとどまっていしまう、既存の知識ですら疑う姿勢が大事、でないと奇抜な発送など思い浮かぶことは不可能
  • 俺が変人に惹かれるのはその人らの独自の哲学を聞いてみたいから、自分の芯をもたずただ流されて生きている日本人的生き方でなくどうやって生き抜いているのかに興味があるから➡日本人の哲学と違うものであればなんでも貪欲に吸収して自分の哲学に取り入れたいと思う
  • 自分の人生を生きること、幸福でいることが目的であるのなら、仮に過酷な現場で務めることになったとしても自分の考えを柔軟に変えてその場で生きていけばいい、自分の長所を自分でみつけてその場の当たり前さから素晴らしい物事に気づければいい
  • 日本の同調圧力が嫌いで海外にでる、外人と交流を盛んにするかといえばそうではない、なぜか外人とも距離を置こうとしてしまう、自分のエゴを守るために
  • 10年後、現状維持でエスカレータ式で過ごしたやつを実力で見返したい
  • 自分とオンナジような考えを持つやつといれば楽できるが、後々視野が狭すぎたことに絶望する
  • 短期留学に行ったときの反省、自分の洗脳された思考を変えたいという思いがあまり足らず現地の学生と交流することをあまりしなかった、ノリがはげしいところに合わせられなかった
  • 変人の考えを聞きたいのが今の強烈な動機だから、なんとかなるか
  • フィールドワークをしたらどうか
  • ヒッチハイクを強要されるプログラム、自分で住む場所を確保する試練
  • 自分の洗脳された思考が考える法則、そのゲームについて知らないやつできないやつは参加しても無視される、が自分の中にある限り、その法則にしたがって現実化してしまう、洗脳された意識のなかに自分はそれを知らない人と定義づけてしまうと自然と無視されてしまう
  • 自分が不完全だと、責任を負わなくて済む、目立たなくて済む、面倒なことをしなくて済む、多めにみてもらえる、期待されない分楽できる
  • 謙虚の目的は美化、でも傲慢になりがち
  • この世は悪者ばっか、だと悪者ばっかみえてくる、いい人ばっかという法則をつくるといいひとが見えてくる
  • 見えているフィルターが近いもの同士が集まってくる、仮に不遇な境遇にいたことがあってもこの世は素晴らしいと思いながら生きているとそんな考えをもった暖かい人たちが周りに集まってくる
  • 人を馬鹿にしたら自分が悲しい状況においやられる、という法則
  • 変人はコミュニケーション能力が高い、凡人にも理解できる解釈で説明できる、本物の変人は凡人の視点ももっている、理解できない変人はただの気をてらった狂人
  • 自分というのは言葉の響きがあるだけ
  • 私が呼吸しているのではない、呼吸が呼吸しているのだ
  • 隋息観
  • 自分の世界は自分のフィルターを通して色付けされている
  • まな識、あらや識