読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望ノート (1/15)

  1. 自分が当たり前だと思っているのに絶望できていないことが隠れている
  2. 学校にいくのがあたりまえだけど、学校にいけないやつからしたらそれはかなりうらやましいこと、学校になんでいくのかに気付けていないのは絶望レベルが低いから
  3. 社会がほしい人材像と、学生が目指している自分像に開きがあるのがいかに学生が自分よがりになっているかの証拠、社会がほしい人材像に近づけば行きたい企業にいきやすいのだからそこの能力をあげる必要がある
  4. 便利であれば、高性能であれば製品はすばらしいと思っているのも考える力がたりないから、買ってもらう顧客のニーズに耳を傾けなければ相手の心に届かない、便利であっても幸福は満たされない、それに気付かせ、その欲求を刺激しそれを満たすことで新しいサービスをつくる
  5. みんなになにが足りないか、不足感があるかをリサーチしれば新しい商売がみつかる
  6. 金に困ったことがないやつは金の貴重さに気付かない、金がなんで必要なのかがわかれば社会で目的をもって働ける
  7. 商売の売り上げが伸び悩む原因も自分の決めつけでひとつしかみえていないだけかもしれない、自分が気付いていないだけで客のニーズをつかみ損ねているのかもしれない
  8. 非二元論、旧約聖書、マトリクスの世界に魅了されているのなら、それらの知識をどうつかって新規ビジネスにするのか
  9. 今を生きる生活をできるのは若いうちだけ、がむしゃらにいきよ
  10. 観術の有効性はわかったが、観術だけを学びにいくのは危険なのではないか、それだけに傾倒して周りが見えなくなる、本当に観術がいっていることが将来の自分のビジネスに役立つのかどうか、たんにビジネスに応用させるまでの期間を長引かせて金をとりたいだけじゃないか
  11. 観術セミナーでノートをとらせないのは、既得権益を守るだけなのでは、
  12. みんなにこの気付きをシャアさせてはやく日本から発信しオリンピックまでに世界に革命をおこしたいとの紹介があったが、それならば授業中にノートをとることを許可して早くみんなにきづきを確固たるものにしなければならないのではないか、授業中はイメージに集中してほしいためノートをとることがいけないとされているが、休み時間であれば個人の自由でノートをとることを許可すればいいのでは、
  13. ヘドロの原因、汚水がはいる、酸素がへる、酸素がなくなり微生物死ぬ、ヘドロできる、硫化水素できる
  14. スマート研修などの高額のセミナーの場合は特に、それだけの価値を感じて参加している人達がいるのだからノートをとらせてセミナーで習うことを早く身に着けてもらったほうがいいのではないか、
  15. グローバル化実力主義になってきている、社会が求める実力を身に着ければ職に困らないか
  16. 自分にしかできないオリジナルティーを作れば価値が高まるか
  17. 相手の欲求を解消すれば金を儲けられる、自分の欲求を相手に押し付けても金はうけとれない
  18. 同じものを見ても感動をしないのは、それのすばらしさに気付いていないだけ
  19. 金はなんであるのか→
  20. 日本のすばらしいところは→
  21. 観術をつかえばいままで感動がなかった映画、アニメにもなにか気付きがうまれる!?
  22. 英語を身に着けたいのであればそれをアウトプットする、英語を上達させるにはという題目で自分がきづいたことをシェアする、そうすると吸収がはやくなる」
  23. 恋愛で悩んでいたら、  「恋愛上手になるためには?」  を教えたり、発信したりするのです。
  24. 非二元論の日常への応用が引き寄せならそれもまなぼう、いい気分でいること、考えていることでなく感じていることに内観する