拒絶チャレンジ、拒絶セラピー

自分の人生を歩んできた人の中に一回他人に自分の考えを否定、拒絶されたくらいであきらめたやつがいるだろうか、いや、いない、何度も否定されてもバカにされたも拒絶されても自分の信念をもってきた人が自分の人生をつかみとれる、拒絶される勇気をみにつけて自分の芯をぶっとくしなければならない、拒絶への恐怖を克服せよbyジェイソンコームリー

お金、名声、女、友達、土地がなくても自分は十分幸せだ素晴らしということを理解できたからこれらがなくても全然生きて行けるじゃんという経験を積めばもっと大胆な行動に打って出れる

 拒絶は自分の人格を否定しているのではない、自分の提案が否定されただけだ

なんでひとは拒絶去れることを恐れるのか→拒絶はその集団からの孤立を指し、村八分になると生きていけなかった時代の名残で、孤立の原因である拒絶を思考が怖がるから

まじめがよしと洗脳されたエゴを殺すために他人に迷惑をかけてもいいんだということを実証しよう

敢えて空気を破ってみることで、「破ってもいいんだ!」という経験をする

自分の人生を生きて、金を稼いでやりたいことをとことんやるには自分の中にあるブレーキを外さなければならない

普通の人=日本人的=洗脳されている=自分の人生を生きていない→脱凡人になるしかない

 

 

  • ヒッチハイクで長野までいく
  • ナンパしてセックスする
  • 見ず知らずのひとに一万円を借りる→
    • 「すみません、一万円貸してもらえませんか」この一言だけなのに躊躇してなにもいえずに30分過ぎた、行動をおこすことが大事だから自分の行動に正当性をもたせることも最初は許容したほうがいいと思った、行動経済学のフィールドワークを行っているものなんですけど、赤の他人にお金を貸せるか、またかせるならいくらまでかを地域別で調べていたんですよ、とか、
  • 居酒屋で隣の席の会話に交じってみる
  • メニューにないものを頼んでみる
  • ブレーキがこわれた人種にあってみる、その人種の関心ごと興味の対象を知って自分のアンテナの小ささに絶望しろ
  • 自分が金持ちというていで他人におごる

絶望ノート (2/13)

  1. 拒絶への恐怖を克服する方法(6歳の時に形成された経験、洗脳された思考にこれ以上自分の人生を振り回されるわけにはいかない)→rejectiontherapy.com 、拒絶セラピー、ジェイソンコームリー、行動をし拒絶を求める、毎日拒絶されることを通して、拒絶に対する耐性をつける、拒絶の痛みに対する免疫をつける、拒絶されるネタを100個上げる、初対面のひとから1万円を借りる、じぶんの姿を動画でとることで自分の恐怖の大きさがわかる、動画で見てみると借りようとした相手は別に起こってもないし威圧てきでもないむしろ感じのいい人だった、なぜと説明を求めた、説明の機会をくれた、私は説明し交渉することができたのにすぐに周り右した、そこでおれの問題に気付ける、縮図がそこで現れる、自分の限界を知れる、ちょとでも拒絶されそうだと感じるたびに私は速攻で逃げていた、次の日から逃げないでとどまろうと思った、ハンバーの無料のお代わりをリクエスト、ここの店は好きだしハンバーガーも好きで、ハンバーのお代わりをくれたらもっと好きになるんだけど、拒絶される恐怖、私が最初に感じた生きるか死ぬかの危機感はなくなっていた、オリンピックドーナッツを注文する
  2. いったん断られても逃げなければ「いいえ」を「はい」にすることも可能になる、そうさせる魔法の言葉は「なぜ」、いいえを答えた理由を聞くと気付きが生まれる、拒絶される理由は私が変な人だと思われているから私が信用できないから、身なりが悪いから、恰好が悪いからだと決めつけ思い込む、本当は相手の希望と自分の提案がマッチしなかったという結果だけなのに
  3. 発言をすることで承諾の可能性が高まる、スターバックスの挨拶係にしてくれませんか?提案をして、「変ですか」と質問すると相手が持っていた猜疑心を自分が言語化できることを示し自分が変でないことを証明した、挨拶係は相手が変だと思うように自分も変だと思うと共感する、相手が抱きそうな疑念を聞かれる前に口にすれば信頼をえられる、承諾してもらえる確率が高くなる、ただ聞いてみるだけでも夢がかなう、夢をかなえるにはこんなことをしないといけないと洗脳された思考が判断していたのに聞くだけで叶うなんて、企業家になること、社長になることすべて聞くことから始まる、そこから逃げない打たれ強さが必要
  4. 偉人は拒絶される勇気をもっている、イエスも、ガンディーも拒絶されることを恐れずに活動したから過去に名を残せた
  5. 自分の人生を生きるには拒絶される勇気を持つ必要がある、時には暴力的な拒絶に合うかもしれない、拒絶に対する自分の反応の仕方で自分のみちを決定していった、拒絶が呪縛であり、恐怖である、
  6. 拒絶される恐怖から逃げる自分に絶望する、
  7. 自分の問題(田畑)→遊びがすくない、横のつながりが弱い、失敗がすくない、プライドが高い、相手の行動感情を読むのが下手、遊びから学んでない、政治にうとい、麻雀から相手の性格をよみとり相手の性格にあわせて答えを提示する、相手の意見を否定せずそういう環境にいたらそういう考えになるなと思考を巡らす、自分の意見を主張するのでなく相手が欲している主張をする、食わず嫌いをするところ、自分が賢いと思っているところ、見栄を張るところ、自分で考えるちからが足りていないところ、すぐ答えを求めてしまい答えがない問題にぶち当たったとき限界が来る、相手が自分のした行動にたいして論理的に攻撃してきた時の反撃するすべがない
  8. 100人に買いたいものについてアンケートした結果99%がフィギュアと答えました、結果を否定するのでなく、結果はどういう背景があってでてきたのか、秋葉でアンケートとって秋葉にいる人はオタクが多いからそういう結果が出てくるのも当然か
  9. 負ける勇気があればゲームは楽しめていたか→
  10. 自分がやりたいことなのか、やるべきことをやっているのか
  11. 親の価値観で生きているのか
  12. 田畑のマイナス→思考に頼りすぎているあまり相手の論理力に惑わされる、恋愛を食わず嫌いするところ、大きなチャンスをつかめない、保守的、損得で考えてしまう、すべてのことを言語で説明できると考えていること、すべて因果関係があると思っていること、自分の思考の枠を超えたことは挑戦できない、将来を見据えすぎて意味づけをできないことには挑戦しない、先をみて点をつなげることはできない、できるのは過去を振り返って点をつなげること、自分の経験から得た思考なんてたかが知れているのにそれに頼ってしまうと選択肢を狭めてしまう危険性がある、現在の選択を論理に頼ってしまうと過去の認識がつくりだしたパターンをなぞるだけの将来になる、固定化してしまう
  13. 田畑のプラス→自分の悪いところも認める、論理的思考をもって自分を武装することも可能、他人を説得できる
  14. ロジカルシンキングはあくまで相手を説得させるものとして認識する、自分の判断軸にしてしまうと洗脳された思考が間違った方向に自分を導く
  15. 認識は自分がいる階層を意味する、2回からみたら海だと思ったものが50階からみたら湖だったことに気付ける、2階にとどまり思考を巡らせるのでなくとりあえず行動をする、限られた認識をもとに論理立てするのでなく認識を広げることに最大限努力すべき
  16. 現実は人間の脳の情報処理の結果について理詰めするなら、境界線すらも視覚がおかしくなったら変わってしまう、
  17. 雨がふっていると認識する現実、雨がふっていると言語化すると事実、嫌な雨だなと思うと思い込み、
  18. じゃんけんに勝ったか負けたかが重要なんじぇねえ、じゃんけんが面白かったが重要なんだ、おれは楽しかったぜ、
  19. 自分の人生を生きるの定義→自分の意思で従っているんだという意識がある、仕方なく(無批判)という発想はない、自分以外のものが基準になると、僕らは他人の人生を生きることになる(他人がやるから自分のやる、他人が自分より優れているからおれはダメだとしょげる、自分はいつでもすばらしい、自分の人生を生きるためならなんでも吸収して見せる)、あなたがあなたの意志で環境を変えたなら、そこで悪いことが起こったとしても、すべて自分の責任として受け入れてください、他人の人生を歩んでいる日本人から批判されることが証拠になる
  20. 自分の人生を歩むには自主性より主体性が必要である、自主性とは誰から言われることもなく自発的に行動する、自分の関係していることだけ自発的に行動すること、自分のやるべき仕事を探して積極的に片付ける、主体性とは誰から言われることもなく自発的に行動しその行動に責任を負う、自分と直接関係ないことに対しても自発的に行動する、共同体の問題を分析して必要とあらば自分と関係のないことに対しても首をつっこむ
  21. 主体性を発揮させるためには→共同体感覚(自分の世界、自分の責任を感じる範囲)を広げる(パートナーをつくってパートナーを自分と思って相手が抱えている問題に対して攻める)、自分の責任を感じる範囲は意志力できまる、自分の意思で選んだという感覚があるときに主体性を発揮した行動になる、
  22. 意思だけがじゆうである、主体性をもてる→意思が弱い人はいじめられている人がいても意思が弱いため自分の安全欲求を見たいしたいと思い周りに流され他人事だとして扱う、意志が強い人は周りの状況環境に流されず自分の意思、自分がすべきだと思うことを貫こうとする、意志力を高めるには本当に心から楽しいと思えることをする
  23. 意志力が低下するとき→自分の価値観を殺し周りにあわせたとき、自分の価値観に逆らった生き方をするとき、自分に嘘をついたとき
  24. 他人の人生を歩む人間→他人の顔色を窺う、感情の起伏が激しい(冷静に物事を考えられない、自分以外の者に怒ったりすることが依存している) 何かと批判的(自分と異なる価値観を受け入れられない、批判する対象に依存した) 心の余裕がない(ちょっとしたことでパニックになる) 不安や不満が多い(いつもストレスを抱えている) 自己中心的(良好な人間関係を築くことができない、自分の意思で自己中になっているならいいが勝手になってしまっているから自ら選んだワケではない虚栄心が強い(格好をつけたがる、自分の意志ではなく、周りが羨むようなことを基準に行動を決める、他人がほしがるから自分も手に入れる、格好をつけるためにダンスを習い始める) 言い訳が多い(成長しない、失敗から学べない)

絶望ノート (2/12)

  1. 常識に縛られる人、疑わない人は素直になれないバカ、子供は常識をしらない素直な子、大人になればなるほど自分の気持ちを外にだせなくなる
  2. 常識の線路にのっていれば摩擦がなくてらくちん、常識ある人の間では見識のある人ともてはやされるから自分が安定する、そこに自分はいいんだ、認められていると確認できる
  3. 存在自体で認められていると感じられればそんな常識に従わなければならない外的証拠に頼る必要がなくなる、根拠のある自信は根拠がなくなったら消えてしまうだろ
  4. 自分の気持ちに素直になると、常識に逆らうしかない、自分に筋がなければ自分というものを認められなくなる
  5. 現状がそこそこ満足できる環境であるため欲が小さく人並みを求める、落ちこぼれないことが第一である、だからそこそこまじめに生きる、勤勉に働く、落ちこぼれないために、やりたいことがあるわけではなしに→活性化がされずいつのまにか退廃している、じり貧になっていく今の日本
  6. なんで今の日本は安全志向が多いのか→貧しい時代には大きな賭けをして賭けにかったものがヒーローとしてあがめられるが、豊かになった時代ではちょっと目立つだけで杭を打とうとたたかれ、ヒーローはスキャンダルを追われる、十分に満足できない生活でも自分は幸せなんだと言い聞かせて群れを成すミツバチのように
  7. まじめに勉強し勤勉に働くやつの目的→失敗をしたくない、安全にいきたい、落ちこぼれになりたくない
  8. おれは、勤勉でもなければまじめでもないバカになる、思考をすて冒険をする
  9. 前向き思考でも、遠くを見るのと近くをみるのがあるから食い違いが発生する、親が見ているのは子供の将来、子供が見ているのは目先のこと、成長すると子供は未来をみるが親は過去をみて後ろむきになる、相手の視点にあわせることは難しい、合わせることで精神的に安定できるが→自分は目先のことしか考えていないが、親の視点に立って5年後10年後自分がどうなっているかも計画を立てる必要がある、それが親の精神安定剤になりえる
  10. なにかをしたときになんか理由があるはずだと決めてかかってみることが人間の罪、直感で動く無意識で動くこともままあるのである、理由があったからその行為をしたわけではない、理由はあとからねつ造されるものである
  11. 一旦理由を作ってしまうとそれに縛られる思考、好きなものを探さず理由を探すようになる、それがなんで好きなのか、面白かった映画がSFだったら、SFだから面白いと思い込む、あなたはSFがすきだからこれをみれば、と強要してくる、理由づけてしまうことで自分が出会う面白さの範囲を狭めてしまう、心理学が好きだから心理学を学ぶだと枠が限られる、理由はないけど形而上的なものが好きだし、量子力学もすき、でいいんだよ、自分がすきなものの枠をつくるな、論理化するな
  12. うらやましいと思うのは勝手だが、それを夢にするにはある程度戦略が必要、自分がやりたいことが自分の能力、環境を踏まえて実現可能であると判断できたとき夢や希望が現実味を帯びてくる
  13. 就活、婚活が流行っているのはそれに消極的な若者に無理強いをしているから、思考が圧縮されているから、
  14. ふつうはいいものだ、普通でないことはダメ、という日本の洗脳、普通になりたいがために就職し結婚をする、やる必要もないのに、勝手に思考が判断する→年をとる、死ぬ、老いるというのは最も普通のことだからみんなこれを願っているのだろうか、そんなことないだろ、老いたくないし、死にたくない
  15. 結婚、就職しても幸せになれないことは今の日本が実証している、幸せの条件が自分にゆだねられているのを知っているのになんでまやかしの幸せ条件を満たさなければならないのか、ばかだろ、いかに自分のことを受け入れられるかが幸せだろ、その振れ幅を知ることが自分の幸せにつながるだろ
  16. 自分の夢を語るやつに足りていない部分→やりたいことがある、夢があると言っておきながら自分で行動を起こしていない、
  17. 自分のやりたいことをするには大人、パトロンの経済的な支援であったり人間関係が必要になる未来に絶望しろ→支援者を確保するためにはそれなりの信頼を得なければならず、信頼を作るためには自分である程度やるべきことはやっておかなければ援助の手は差し伸べられない、これだけやっているのだから助けてやろうと思わせるくらいあがけ、苦労しろ、行動を伴わないやつはいう前にせめて何かしたらどうかと思われ話を聞く気にさせられない
  18. 自分がなりたいもの、つきたい仕事が流行りに突き動かされたものでないか疑う必要あり→今はそれが通用するため流行っているが自分がつく頃にも流行っている保証はない
  19. 引き寄せ、好きなことをしていると知らないうちに恵まれている、やりたいことをしようと工夫をし苦労を重ねているうちにそれが実現した、実現してみると金持ちになっていた
  20. 自分の好きなことをするのに必要なもの→時間、資金、場所
  21. 失敗の分析ができないのは、失敗の数が少ないからだ、失敗を繰り返さないと解決策がみえない、失敗を繰り返すことで過去の改善点が見えてきてそれを繰り返さない対策が見えてくる
  22. 悪い失敗とは、客観的に失敗の原因を分析しないでそのまま放置する失敗
  23. 判断とは感情的に直感的に行われそのあと論理で固められる、常日頃から自分の感情をコントロールし他人の目的を観察し物事の本質がどこにあるのかを見極められないと難しい
  24. ひきよせ、自分が望まなければ絶対願望は実現しない、望んでいる通りにならないときは途中で臨むのをあきらめたからだ、大いなる力にチャンスを恵んでもらうにはいかに将来の自分の願望を具体的にイメージできるかによる、具体的な願望ほどかないやすい
  25. 死ぬ間際になって抱える問題に絶望するために、若くても健康でも死について考えたほうがいい、生きると死ぬは裏表、自分はいつか死ぬ、死ぬという課題を抱えている、自分がその問題に直面した時にどう対処すればいいのか
  26. 友達がいなくてもいい→目の前の景色がきれいなら自然はきれいだなとなるが、汚い景色もある、それに対して無理に自然はきれいだなと思わなくてもいい
  27. 常識から逸脱している自分は異常ではない、外的要因が変われば異常正常がひっくりかえるから
  28. 過去にとらわれた洗脳思考→これは俺の専門外、これは私には難しすぎる、これは関係ない、これは面白くない、これは好きじゃない、最初から否定すること、サレンダーしろ
  29. 以前少し試してダメだったのは真理ではない→もう一度挑戦してみたら結果が変わるかも、余計に再挑戦すべきだ
  30. 自分の思考はあてにならない、自分には無理だと思っている難解な量子力学でも頭が柔軟であれば理解はできる、時間はかかるだろうが
  31. 挑戦すれば失敗がついてくる、失敗するのは当たり前である→大事なのは失敗することを見越しておくことである、ミスをしても取り返しのつかないような事態にならないようあらかじめ手を打っておく、盗難されるのを見越して緊急連絡先を調べておく
  32. さぼることが悪いのではない、さぼる罪悪感こそがSGをむしばむ悪いもの
  33. なぜ言語化能力の大事か→思考能力が高まり一文から読み取れる情報多くなる、気付きが多くなる、筆者の狙いをより正確につかむことができる、読み取った情報を自分の頭でかみ砕ける、言語化しないと分かったつもりになって忘れてしまう、論理的に秩序立てて言語化し他人に伝わるレベルになると理解がはやくなる、引き寄せ出会ったり、参考書であったり、心理学であったりすべての本で思考力が試される、書かれている文章から人生の先輩が経験した絶望したこと、失敗したことをつかみ自分でその絶望を共有できるようになるには言語化能力が必要
  34. 国語力をあげるには→筆者の目的、伝えたいこと、背景、行間を読む、結局なにが言いたいのかを自分の言葉でまとめる
  35. 具体的な練習例→天声人語などの社説を読んでなにが言いたかったのかを言語化、要約する
  36. 大学時代にやるべきことをやらないことで社会に出たときに絶望することは、将来自分が絶望するであろう課題を今絶望し絶望のレベルをあげよ!、このままの自分でいったらいつかぶちあたる問題に絶望しろ→自分の人生を生きたい、自由に生きたいと思っていても、自分に力がないことに絶望する、大学時代にもっと苦労しておけばよかった、人脈をつくっておけばよかった、恋愛をしておけばよかった、英語を勉強しておけばよかった、論理的思考を鍛えておけばよかった、批判的に自分の考えをもって生きてくればよかった、自分のやりたいことがなにかを知るためにいっぱい失敗して経験を積んでおけばよかった、やっていて楽しくかつ社会に役に立つ職手段を行動して考えればよかった、自分に価値があると思える価値観があればよかった、自信をつければよかった、損することになれておけばよかった、自分にお金を使ってもいいんだと気付けばよかった、お金を使ってもなくならないと気付けばよかった、贅沢をしておけばよかった、もっとはっちゃければよかった、自分がないならこんなこともできるというのをっもっと実証しておけばよかった、金を失う恐怖を減らしておけばよかった、安定を失う恐怖をもっと減らしておけばよかった、家畜化された日本人に妨害されても自分の人生を謳歌する気概をたくわえておけばよかった(仕事をしないなんてずるい、仕事をしないやつはくずだという圧力に屈しない)、横のつながりがわかるようにもっと経験を積んでおけばよかった、他人を信頼できるような人間になってればよかった、他人にお願いする術を身に着けておけばよかった、プライドを捨てておけばよかった、甘えベタを直せばよかった、自分は何も知らないんだと洗脳されたプライドを捨てればよかった恥知らずになるための努力をしてくればよかった
  37. プライドの捨て方

    無駄なプライドを捨てる方法|自分の殻を破る12個の挑戦

  38. 俺の取り扱い説明書(自分の殻、洗脳された思考エゴ)→極端な性格なので0か100しか選択できません、そのためこの子をうまく扱いたいならその子から見て極端な選択を目の前にちらつかせるといいでしょう、人情の機微がわかりません、世の中に対して不満があったままでいることを良しとしません、ひとつでも自分で納得がいかないことがあれば自分が死んででも変えようとします、自分の人生を生きようと願っているため責任が大きい仕事ほど選択しようとします、勝負事が嫌いなようです、相手を蹴落とすために頑張るのでなく大切なひとを守るために頑張ろうとします、駆け引きが苦手です、微妙な細かい表現が苦手です、死ぬか生きるかの選択を取るため死ぬ危険性をはらんでいます、負けん気がありません、自分がまけることに恐怖を抱いています、自分は他人より賢いと思っているためプライドが高いのが難点です、長所である行動力をプライドが足かせになるため発揮できなくなる可能性があります、他人を笑わそうとするサービス精神が欠けています、自分の世界しか見えていません、他人に頼ることが苦手です、自分をよくみせようとする嫌いがあります、知らないことに対して恐怖心をもっています、知らない自分はだめだという刷り込みがされています、役に立たないものに投資することはだめだという刷り込みがされています、他人が欲しているものに敏感です、他人が欲しているものをとりあえず自分の物にしようとする嫌いがあります、他人から見てしり込みするようなことにも挑戦してしまいます、思考力がかけています、すごい、頭がいいといわれることに安心を覚えます、ばかだな、ださいと思われることは避けようとします、バカと呼ばれることに恐怖を覚えます、そんなこともしらないのかといわれるのが一番嫌です、自分の悪いところを認めようと努力しています、自分の問題点を探そうと動いています、男気が欠けています、強そうな相手には弱腰になってしまいます、気が弱いです、恥をかくことを恐れています、他人に笑われることがだめだと洗脳されています、他人の失敗を笑うことはいけないと思い込んでいます、相手を怒らすことに恐怖を抱いています、相手に拒絶されることに恐怖を抱いています、他人から言われたことに従えませんが自分でイメージしたことはやり遂げます、極端な発想に陥りやすいです、粘り強さを身に着けておけばよかった、楽しいものを求めません、利益があるものを求めます、クエスチョナー(その行動に価値を見出せなかったらやらない、自分が納得できたことはできる、ルールに素直にしたがわない、他人と比較し自分より相手が優れていると自己否定に走ります、それを隠そうとします、その土俵にはあがろうとしません、中途半端になりがちです、始めることには貪欲です、最後までやりきろうとしません、自分の欠点の裏の面をみることができていません、長所だとされる能力があったとしても視点を変えれば短所になることを知りません、協調性がたりません、勝つことにこだわらないため自分の信念を貫き通します、勝ち馬気質がありません、意志力が無尽蔵にあります、インプットに徹しています、自分の知識に価値があると思い込んでいます、自分が気付いた点を相手に共有するのをためらいます、ケチです、ピックアップ能力(アフォードを拾う能力)がたかいです(ティッシュをつかった遊びを考える、新し遊びを考える)(四駆でFRしてもいいというアフォードをピックアップしていた)、すべての分野において他人より優位に立とうとします
  39. 洗脳された思考の解毒方法→頭で理解していても始まらない、行動を起こして体験を通して感情が動かす、合理性正当性を伴うことにはなんにだって挑戦する、危険なことでも「これをやれば殻を破れる」とか「これをやれば脱洗脳ができる」などの理屈に納得できればリスクを冒せる、その殻を破ることによってどういう利益があるのか役に立つのかをたくさん考えることが一番の糸口、プライドがあったせいでどれだけ自分の人生をいきる機会を損失しどれだけ経験をつむことができなかったか、どれだけを具体的に考えればプライドを弱めることが可能、新しいことをとにかくやりまくる、中途半端になることはチャンスをひろげることだ、極端で大胆不敵な人間なため極端なことにチャレンジしたほうがいいでしょう
  40. 具体的な洗脳解脱方法→ナンパする、ヒッチハイクする、服やにコーディネートしてもらう、売れ筋商品を聞く、居心地の悪いところにいく(自分の常識が通用しないところに行くことで自分の考えが絶対でないことを知れる、そういうのがありなのかと知れる)、自分より明らかにレベルの高いひとたちのコミュニティーにいく、高級レストランにいく、興味のないジャンルのイベント、メイド喫茶、女性ばかりの店、カップルばかりの店、恥ずかしいことをする(プライドをすてる、他人と比べる思考をすてる)、下ネタを話す、失敗話をする、コンプレックスをうちあける、わかりませんしりませんという、受けを狙った動画をアップする、小説漫画を描く、演劇のワークショップに行く、過去の自分がしなかったことをする、他人に甘えてみる、めしをおごってみる、仕切ってみる、わざと負けてみる、難しい本をよんでみる、一流の人と接してみる、酔いつぶれてみる、
  41. 小6でいじめられてから大学3年生までの10年間生きながらにして泥のような生き方をしてきてしまい自分の人生を無駄に過ごしてしまった→個性をつぶされることなく自分の人生を歩めるのならどんなリスクも背負う
  42. 自由に生きたいと思っていたけど責任を負うのが嫌でリーダーや班長になることを避けてしまっていた、そんな大役俺には向かないとあきらめてしまい自分の成長のチャンスを捨ててしまっていた→日本の常識に縛られることなく自分の思うようになれるのであれば社長クラスの責任でもしょってやる、自分の人生を歩むために必要な成長ができるのであればリーダーになってやる
  43. できない自分が認められない(親父が認めない)ために負けること失敗すること恥をかくことができなくなって浅い人間になってしまった→自分のやっていることに意味づけできる思考力をアップさせられるのであれば、負けること、失敗すること、恥をかくことはすべてやってやる!
  44. 自分の力がないためにいじめられた子を助けてあげられなかった、自分の気が弱いせいで悪に立ち向かうことができなかった、自分の直感(いじめられている子が可哀想、いじめするのはよくない)を信じるほどの軸を持っていなかったせいで暴力によって素晴らしい自分の直感を捨ててしまっていた→苦しんでいる人を助けられるなら修業して体を鍛えてがたいのいいやつを打ち負かせるくらい強くなってやる、悪に対してま正面から立ち向かっていけるような気概をみにつけられるなら、生意気になれるならなんだってやってやる、日本の常識に自分の直感をつぶされずになれるならどんなつらいことでもやってやる
  45. 他人の価値観が正しいのか批判的に見れなかったせいで友人と自分を殺してしまった→大切な人を守るためなら、自分らしさを保てるのなら、どんなやつにも批判的な反逆心をもってやる、すべてを批判してやる、すべてを疑ってやる、自分の価値観を守るためだったらすべての価値観を論理的思考で吟味してやる
  46. おれの遍歴、クエスチョナー(その行動に価値を見出せなかったらやらない、自分が納得できたことはできる、ルールに素直にしたがわない、)からアップホルダー(まじめ、破っても問題ない約束にしばられてしまう)
  47. 自分が他人にやりたくないこと、他人がやっているのに自分ができないことの中に、自分のマインドブロックが潜んでいる→他人の悪口をいってはいけない、他人のかなしむことをやってはいけない、他人のいやがることをやってはいけない、他人のものをよごしてはいけない、他人に物をかりてはいけない、他人に自分のはなしばっか話してはいけない、他人の失敗を笑ってはいけない、他人に指図してはいけない、
  48. 極端な人間、あきらめが早い人間→すこし勉強してわからなかったらもうほっぽりだす、音をあげるのがはやい、
  49. 自分を固定化しないことが、思考に自分を乗っ取られない方法→自分が思い浮かばないこと、選ばない選択をあえて選んでみる、そうすると別の視点が生まれる、他人から自分のパターンを読まれないことが最高の防衛術、パターン化すると心理学で操作される、
  50. 禅と脳科学 浄土真宗は知識を否定する、識者、学者はかわいそう
  51. 海馬が過去未来をつくっている、無意識と意識がないと心はなりたたない、海馬を使いすぎて認知症、無意識が消えている時に意識が生まれている
  52. 脱学習 浅野 こころの   嫌なやつがいるから自分が不幸になっている、因果論になると周りを変えようとしてしまう、退職する
  53. 一人で頑張るな、尊厳シティ 膜がだーーーと全部つながっている膜と膜の間に間がある シャボン玉の外は全部シャボン玉の膜、膜も動いているからどれが膜とは定義することができないけど 間のイメージが早く理解できるのが日本、海外に広めるためには具体的に論理的に間を説明できなければ伝わらない 間抜け、間が悪いなど日本語はすばらしいよ なんかわかるは日本の特技、外人はわからない、伝えられない     
  54. センタクシーがあるわけじゃない、自分の抱えている問題解決のために選択を常にえらばなければならない、時間はもどれない、今しかない、問題抱えていることに絶望し今与えられている選択を吟味することしかできない、今を精一杯いきることが大事、現状維持に甘んずるな、茹で蛙になるぞ 自分の時間を無駄にしたために宝くじの換金ができなかった、自分のもつ時間が無限に感じている時それはなにかチャンスを失っている、本来は未来に自分をまちうけている問題にぶち当たった時対処できる発想、体力、知力、金銭力を蓄えるために今を奔走しなければならないのに、 今が退屈だと感じているのであれば未来の自分が直面する問題に気付けていないだけ、未来自分の能力が低いせいで留学ができなかったら、人間関係を疎かにしてしまって自分が困ったときにだれも助けてくれるひとがいなくなってしまったら
  55. 自分が将来ぶちあたる問題→留学を決意したのに英語力が足りないせいで留学が行けない、宇宙旅行に行きたいのにお金が足りない、伴侶の必要性を感じ恋人がほしいと思った時に自分の恋愛ベタさに絶望する、自分の論理的思考が足りないために外人と話し合えない、自分の推論力が足りないせいで相手を誤解して理解してしまう、帰納の推論力が足りないせいで時代の流れをつかめず流れに乗ってしまう、アブダクション能力が足りないせいで自分はもてていると勘違いしてしまう、ユダヤの知識がないゆえにユダヤ人に避けられてしまう、財布携帯盗難されたときの対処法を知らなかったために財布を盗まれて困る、 今やっていることが将来自分が直面するであろう問題解決に到れるのかは思考せよ    
  56. チューブの頭は無限が0にはいる、外から中にはいる、重力、圧縮っぽい力、おしりは0が無限にでる、中から外、電磁気、爆発っぽい力 宇宙っぽく見える世界 圧縮と爆発膨張は見る視点が変わると逆になる、表から見ると爆発膨張だけど裏からみると圧縮
  57. 爆発と膨張の違いは? 銀河系の間がある、人間の間がある、ハルティーの間がある 間を通過すると濃度がこくなるのはなぜか→ペアのあいだが間だとする、そこの間に圧縮がかかる、ものすごい体積が集中すると温度が高くなる、高温になると分離されていたものが溶ける境界線がなくなる、物が溶ける、間を通過すると新しい世界にいける、次元上昇 地球の間がみえたら、宇宙のそとから宇宙銀河太陽系を圧縮して間を通過して爆発して宇宙の中、植物の間に圧縮して通過して爆発して植物!、動物の間を通過して中外ひっくりして爆発して動物、動物ん中に新しい間のスペースがみえる溶ける人間の間になる中外ヒックリして人間!、外からはいってきたSGを忘れている、入ってきて爆発しておれがいる、人間のまに見えてくる新しい間が考え、感情、考え感情は濃度がこい、思考感情は簡単に人間をコントロールする、自由になるのは難しい、思考はダイヤモンドよりも堅い、考えたくないのに世の中が圧縮してくる、 圧縮してきた道、間をみたら、思考からでる、人間からでる、動物からでる、植物からでる、地球からでる、宇宙から出る、なんだ自分でっかいじゃん アメリカには言われたくない、と感じられるのはなにを受ければいいのかインダストリーか
  58. 自分の一番の課題、推論力をきたえるには→演繹力をきたえる(抽象的なことを具体化して相手に説明する、難しい本をかみ砕いて相手に教えて喜んでもらう、喜んでもらえることを目的に動く)、帰納力を鍛える(長い文章を要約してみる、ほんのあらすじをみじかくまとめてそれを読みたい人に読んでもらう、難しい本分厚い本の内容を簡潔にまとめる)、アプダクション能力を鍛える(服装などから相手の職業を充てる、目の前のひとがどんな人物なのか考える)相手に伝わるように誰かの役に立つようにアウトプットする
  59. アフォーダンスを鍛えるには、ダメだと思い込んでいる常識に対して「じつはダメじゃない」というアフォードをピックアップできるようになり日本で刷り込まれた洗脳をかいじょすることができる→強引に正当化する、銀行強盗を正当化する、痴漢を正当化する、約束破りを正当化する、食い逃げを正当化する、不倫を正当化する、
  60. ピックアップ能力が大きければひとつの文章から派生した考えを思い浮かぶ、

留学

留学前にやる雑務リスト

 

留学前に買うことリスト

  • B4の大学ノート4冊
  • クリアファイル2
  • 電池単三
  • 電池単四
  • 海水パンツ
  • 洗濯ネット(ランドリーネット)
  • 除菌ティッシュ
  • 日本からのおみやげ 柿の種
  • スーツケース
  • ジップロックの冷凍用L圧縮袋
  • 薬(鎮痛剤、胃薬、正露丸、下痢止め、絆創膏)
  • 顔写真
  • 耳栓

 

留学前に確認するリスト

  • クレカが海外で使えるのか、ATMから下ろすのはできるのか、海外のVISAで払えるのか
  • カード裏面の紛失時連絡先をメモ
  • 電話専用の携帯はいくらか→セゾンでゼロ円
  • スマホが盗まれた時は→ソフトバンクに通信料の差止め、Find iphoneをする、
  • 財布が盗まれたときは→警察にレポート書いてもらう、なかにはいっていたクレカの差止め
  • 電話をかける必要性がうまれるときは
  • 洗濯はホテルでできるのか
  • クレカとプリペイドの違い→プリベイド前払い、スイカ、入金した額のみ使える クレジット後払い、買うときに口座に金がなくてもおk キャッシング、クレカをつかって外貨を引き出す、借金
  • アイホンデータを減らす

持っていくものリスト

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 外貨
  • 現金
  • タオル2枚
  • Tシャツ
  • 長袖シャツ
  • 短パン

 

 

持っていくものリスト(忘れがち)

  • 電子辞書
  • 電池
  • 筆箱
  • ポケットティッシュ
  • コンセントのアダプタ
  • マスク
  • セキュリティーポーチ
  • 小さなショルダーバッグ(往復時はパスポートなど貴重品を入れた。
    滞在時は、ディスコやパブに行く場面で活躍。)
  • 財布(持ち歩き用と家に置いておく用の2つ。
  • 靴下4下着4
  • ジャージ
  • 歯ブラシ&歯みがき粉
  • ひげ剃り
  • 帽子
  • 虫刺され(蚊対策)
  • 写真
  • チェーンロック

 

三井住友VISAカードデビュープラスカードのつか

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

手荷物無料宅配サービス→復路でスーツケースひとつだけ無料宅配、3辺の合計が160cm、重量25kg(アントラースーツケースは全体143センチ、3.2L、70L)

コートお預かりサービス優待価格→15日で2500円

携帯電話レンタル→1日0円、2日前に電話受取、4階 出発ロビービジネスセンター受取

 

 

 

データローミングはオフにしろカス、
モバイルデータ通信オフにしたら通信料がかからない
データローミングをオフするだけだとそれを無視したアプリには対応できない、
あるアプリのモバイルデータ通信をオフにすると、そのアプリのみネットにつなげられなくなる
データローミングとは海外などで、自動的に現地の携帯回線につなぐこと
モバイルデータ通信をオフとはパケット通信のこと
海外に行く場合、「データローミング」は「オフ」にしておかないと、現地について電源を入れたとたん、iPhoneの自動通信が始まって、あっという間に高額なパケット代を取られてしまうことになります。よって、「データローミング」は、「オフ」に設定したままにすべき
モバイルデータ通信はオン、データローミングはオフで最低限海外でのパケ死をさけられる
どっちをきっても電話はかけられる
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=75759&id=e4f4c64334636623263354b6263346f36704144362b4f62675771586b5959567063723261583250363271493d
http://xn--iphone-143e1l818v0p4b.net/entry118.html


アメリカから日本の通話料1分180円

日本から電話がかかってきたら通話料発生するよな、どうやって妨害すればいいんだ→機内モードにする
海外で電話・SMSを使う場合は機内モードを解除モバイルデータをONデータローミングをOFF

 

 

 

フィリピン短期留学で英語力を短期集中で鍛えればよかったです。実際に同じく北欧へ留学したぼくの後輩はフィリピンで英語を3カ月ほど修行してからフィンランドへ渡りました。

絶望ノート (2/10)

  1. なんでゼロ化だけだとダメか→なにかに挑戦する時に過去の経験で洗脳されたエゴの思考をゼロ化するのには使えるが、挑戦する資格を身に着けるためにはゼロ化して自分は可能性があるんだと感じるだけではだめ、常に自分は気付けていない問題があるのではないかと探さないといけない
  2. 自分がやりたいことを広げるためにも高い壁を乗り越える必要がある、客観的に留学するにはこれくらいの能力が必要とされているのだからそれを身に着けるのは必須、その能力もないのに自分は無限の可能性だといっても頭お花畑、ために自分にはむりだと自信がなくなったときにゼロ化するのが調度いのではないか→自分が無理だと覆っていることに対して挑戦し続けることができるようにイメージ言語をつかてゼロ化するのはいいが、ゼロ化するだけでは意味がない、それこそ自己満で終わってしまう、自己満足で自分は行けると思っても自分がやりたいことをやるのに必要な資格がないとだめだから、それを頑張れ、頑張るときにおれはこんなもんじゃないんだとゼロ化しながら頑張る、瞑想だけでおわらせるな、留学する権利を得るためには義務が発生する、現実から目をそむけるな、やりたいことがあればいまできていないことに絶望して自己成長を促せ
  3. 努力する必要、つらいことから逃げるためにゼロ化を使ってはいけない

絶望ノート (2/9)

  1. 自分はなくて、どんな条件でも最高なんだと感じさせてくれる瞑想のメリット→自分の意識、思い込み、恐怖、抵抗を掃除できる、チャラにできる、悟りを瞑想で思い出す作業を習慣化できると自分の思い込みがら脱することができる、
  2. 今が十分で経済的に稼ぐことに気力がわかないときは→悟ったあと自分がやりたいことをやればいい、自分のやりたいことをしている人は結果的にお金が入ってきている、お金はあったらあったでやっぱりすばらしい、自分が宇宙旅行に行きたいと思っていても現実的にお金がなければなしえない、お金は自分のやりたいこと、チャンスを広げることができる、ファッション、車、物質に関心が持てなくなるのはしょうがないが、他人に自分の考えを伝えるときに物質的に豊ら自分が教えられたらすごい信憑性が増すしより多くの人に自分の考えを伝えることができる、お金があることは客観的に評価されていることを意味する、こんな風に私も経済的に潤いたいという欲求を刺激できる
  3. ボブ・フィックスの瞑想をおすすめする阿部
  4. 夢はでかくもて→宇宙旅行にいきたい、ユダヤ人と知り合いになりたい、非日本人的な考えを身に着けたい、自分が親父になったときに子供のもつ疑問にすべてこたえられるような批判的な人間になりたい、チャンスにすぐ飛びつくようなフットワークの軽い人間になりたい、世界一周したい、あらゆる宗教について知りたい、文化人類学を学びたい、
  5. 無意識が自分を定義ずける、お金がなくてもお金があると思えばお金がある人間になる、だって宇宙からみたら何円以上持っていたらお金があるという真実はないんだから→今の自分は才能に満ち溢れている、おれは批判的な人間だ、おれは人に伝える能力に長けている、おれはモテル要素をもっている、おれは面白人間だ、おれは人を笑かすことができる、おれは知らないことを知っているから知っているべき当たり前のことは知らなくてもすばらしい人間だ
  6. 自分には贅沢なんか必要ない、お金には縁がない、分相応の生活ができれいいと思っているとそれに見合った経済力しかもてなくなる
  7. 自己イメージがかわるとそれにふさわしい自分になり、それを可能にする具体的なアイデアもわいてくるようになる、とりあえずお金がある自分をイメージしてホテルはつねに一番いい部屋、電車は常にグリーン車が自分にふさわしいとイメージ、お金が入ってくる人間だから
  8. 自分がほしいものにかける時間が増えていくとそれが手に入る可能性が高くなる、かける時間、努力が増えるほど引き寄せの力がましていく
  9. そうなるのは当然だ、それを得ることは自分に値する、その無意識になれるよう自分も自分の恐怖していることに果敢に攻めていく、エゴを殺すために苦労する、I deserve to win、I deserve to a leader of my life , I am a talent
  10. 自分の人生の方向性は自分で決めるが、ことを起こすのは大いなる力である、自分の力ですべてやる、すべてやってきた、と思い込むな、自分がチャンスをすべて生んでいると思ったらすべてをコントロールしようとして自然に抗うことになり手痛い思いをすることになる、流れに身を任せる、目の前に与えられた課題に誠実に対応していく、そうすると流れが加速する
  11. 自己イメージがそのイメージどおりの現実を引き寄せる
  12. 思考、思い込み、エゴを放置しておくと必ずネガティブな方向にはたらく
  13. 時間はない、今しかないの真理→未来があるとおもうと未来に対して思考がイメージを働かせてしまう、でもそのイメージ通りになるわけではなく、大いなる力が未来を創っていくのだから自分の思考が心配したところでどうにもならない、それこそ自分で未来をコントロールしようとしている、そんなことしていたらいつまでたっても大いなる力からのチャンスをつかめない、未来は大いなる力に任せる、唯一エゴ、自分が関係できるのは今の時間、今与えられているタスクをこなしチャンスを選択しなりたい自分になる選択をとることしかできない、それをやってあとは流れに任す、結果は自分でコントロールできないのだから、過去に縛られるのも流れを悪くする、自分が過去で学んだ、刷り込まれた、洗脳されたことも真実ではない自分のフィルターを通って解釈され言語化されたものだからあてにならない、その過去からくる洗脳された思考が~すべき、おまえには無理だ、~やめておけ、といった声を発するのはエゴを守るため、エゴを捨てることで大いなる力の流れに乗れるのだからエゴの声は無視していい、過去がどうあれ今直感で生きていくしかない、
  14. 過去の経験に洗脳されたエゴ、無意識、思考を洗脳するためには→自己暗示、アフォメーションする、自分は他人の顔色を窺わず批判的に自分の意見をいえる自分になるイメージをし、批判的になった自分になったら今どうするか、先生にどう対応するか、先輩にどう対応をするかをイメージしてみる、批判的なイメージを繰り返し思い出してみる、
  15. 個々人は自己イメージに応じたものを選ぼうとし作り出そうとする、それ以上のものは手が伸びない、自分にはふさわしくないと判断してしまう
  16. 自分にはふさわしくない、と日本の環境で洗脳されたエゴが判断するものとは→彼女はつくれない、かっこよくない、スタイル悪くてかっこつける資格などない、顔が行けてないのだからしゃれた服はふさわしくない、自分には価値がないのだから高い服はふさわしくない、高い車はふさわしくない、新幹線はふさわしくない、高級なホテルはふさわしくない、きちっとした格好はふさわしくない、交渉上手ではない、口下手だから人付き合いはふさわしくない、エゴが苦しむいたたまれない思いをするものは全部ふさわしくない、親友の存在はふさわしくない、人生を謳歌するのはふさわしくない、海外で楽しむ資格はない、リーダーになるのはふさわしくない、昇進するのはふさわしくない、他人の幸せが優先で自分は幸せになる価値はない、お金を受け取る価値はない、感謝される価値はない
  17. 現世はこの問題に絶望する、気付けるのが早かった気がする、だいぶいい現世だ、これまでの前世はこれにきづけなかったときもあったし、気付くのが病気になったときもあった、これに気付けたらもう問題ない、あとはどれだけエゴを殺していけるかだ現世の俺、SGやったれ、エゴを殺すためにサレンダーさせろ自らサレンダーしろ
  18. お金は愛の表現の代替、愛を表現し放出するチャンスが金のやりとり
  19. エゴ、思考からくる執着、恐れを手放して大いなる力の流れを信頼すればたいていの場合奇跡を生み出せる
  20. 努力、我慢が必要だと思うのもエゴからくるものなのか
  21. やりたいのに躊躇してしまう、こんなことしていいのだろうか、と思っているところに洗脳されたエゴが隠れている
  22. 自分の偏り、自分のというフィルターを通して洗脳された思考(対極のユダヤ人から学びたいこと)→損したら負け、お金を失ってはいけない、他人が悲しんでいてもしらない、自己責任で片付けてしまうところ、自分がすべて人生を切り開いてきたんだと思い込んでいるところ、ちっぽけなプライドが邪魔しているところ、おれは他人より賢いんだというプライド(そこに差はないのに)、精神性を学び過ぎて物やお金を遠ざけようとするところ、あるがままでいいのに性欲を否定してしまうところ、物欲を否定するところ、清く貧しく生きることが精神の道だと決めつけているところ、値下げをするのはいけない、相手を批判するのはいけない、勉強しても大して吸収できていないのではないかという恐怖、他人に説明できていないことへの不安、」
  23. 性欲も物欲も体も心も豊かになることをみとめることはあるがままの自然な欲求、世の中全体を豊かにしようと望むことは気高い
  24. 払った人はそれだけのものを受け取る、ただの者を受け取れば本人にはただの価値でしかない、相手に価値があるものは金が高くなるのは必然、だから相手に高額なセミナーをしてもおk
  25. お金をはらう、それだけの価値があると思う、そのもとを取ろうとする、その燃段のぶんが自分に見合っている、
  26. お金を取っているのではなく、お金を払う(与える)という経験を与えているんだ
  27. お金にたいするブロック解除のためユダヤ人とふれる
  28. お金持ちのことをどう思うか→金に汚い奴、自分のエゴだけで生きてきたんだろ、他人を蹴落としてきた結果がこれか、金がすべてと思っている金の亡者め、うらやましい、こすいやつだ
  29. 楽してお金を得ることに罪悪感はあるか、なぜか→苦労してこそ仕事だから楽するのは卑怯だ、楽してお金とるとかずるい、苦労してこその給料だろ、楽なのにお金もらえるとかありえない、それをやっているならとんでもなくずるい考えに違いない
  30. あなた自身はお金に対してどんな考えをもっているか→金は諸悪の根源だ、金の亡者になりかねない、金がすべての価値だと思い込みやすいから怖い、金を盗むのおれはだめだ、金はなくてもいい、金はあかんやつだ、金をつくったユダヤ人は醜い
  31. エゴトーク、心の中での会話、内なる会話の多くは無意識、無意識だからこそ際限なく繰り返されrう、繰り返されるから力をもち、イメージが現実を作り出す
  32. 見方をかえるとどうなるか→期待通りのけっがにならかったら過去のエゴは失敗した、自分が行けなかったと自己否定、自己嫌悪、エゴを捨てて観点を変えるといい経験をした、自分なりの人生を歩めている、自分だけの経験だ、自分はよくやったと思えば自己受容、自信がつく、
  33. 出来事をどう言語化するか、自分がどう解釈するかで現実は決まる、出来事に良いも悪いもない中立、ただおきているだけ、自分が自分をどう思っているのかすべて
  34. ウパニシャッド哲学、神とは汝自信だ、おれが宇宙意識、神、大いなる意識なのだ、おれという存在、おれはありとあらゆるすべてを形成している宇宙そのものだ
  35. おんなじ人生でもエゴを変えれば思考を変えれば見方を変えればこれまでの人生が不運だったか幸運だったかもきめられる、その解釈の仕方が未来を決めていく
  36. 人間全般の絶望すべき問題→自分が本当に思っていることを見つけるのが下手、自分の価値観を固定化させてしまう、自己評価が低い、おれはちっぽけだ、
  37. 過去のエゴを捨てるために考える時間を与えずひたすらわくわくすることをやってみる(ハートトークに従ってみる)、精神性が高い人とかかわる、運のいい人のそばにいく、幸せそうな人にちかづいてみる、運がいい自分が嫌だと思う環境なら離れてしまえ、仕事もやめてしまえ、
  38. なんでひとから言われたことをまじめにやるだけでは自分の人生を歩めないのか→ハートはやりたくなくてもエゴがやれといってるから従っているだけ、そこで努力すれば確かにある程度のところまでは成功するがそれは、やりたくないことで成功してしまっているわけだから自分の人生を歩んでいるとはいえない、ハートがやりたいことをやっているなら探求心があるはず、探求がおこらないならそれは自分の道ではない、今やっていることが合わないのはたまたま相性が悪いだけ、イチローと野球の相性が抜群だっただけ、俺と工学研究の相性が合わなかっただけ、自分も何かの天才なのかもしれないということにしておく、それに気づくために今日もエゴを捨て自分の直感に従いチャレンジする、うまくいかなかったら興味の向くままほかの道をいけ
  39. 人生に失敗はない、→起きている現象はプロセス、結果ではない、もし失敗だとしたらそれは自分を失敗者だと言語化してしまったとき、失敗は外側の世界ではなく内側の世界でおこる
  40. 学生の特権

絶望ノート (2/8)

  1. 研究のせいで絶望時間が少なかった、研究で頭が使えなくなる、研究にかかる時間を短縮せねば
  2. 自分の苦手なことでも、自分はできるということにしておく、自分はプレゼンが苦手だけどもう十分説明できるようになってるし、みんなのまえで緊張しなくなってるし、すべては自分の無意識
  3. 自分が研究を進めないのはなぜか
  4. なんでプレゼンでわかりやすく相手に伝えようとしないのか→相手につたわる必要性に絶望できていないから、自分の意見があっても相手に否定されるんじゃないかと恐れているから、それぞれの意見はあくまで意見発表であって真実ではない、相手の意見に左右されるのは相手の意見はひとつの意見であるということに気付けていないから、相手に伝わってしまうと自分の至らない点が露呈してしまうから、でも至らない点がわかることで得られるもの(研究成果、絶望、問題解決)も多いわけで至らない点が悪いという思い込みがあるのではないか、人間すべて不完全なのに研究も完璧でないといけないという思い込みがあるのではないか
  5. 矛盾が生じていたっていいじゃないか、自分の研究の考察が不出来でもいいじゃないか、だってみんなおんなじだし、出来のいい悪いも人間のさじ加減だろ
  6. 相手を非難して相手の非を認めさせ罪悪感を感じさせてもそれは相手の反応に自分の幸福が左右されているのとおんなじだから、自分の人生を歩んでいない、相手が罪を認めようが認めまいが自分は幸せでありたい
  7. 自分は悪くない、彼女が悪い、じゃあもう別れるか、人間は傷つくと自分は悪くない相手が間違っていると思い込みが激しくなる、客観的に自分を評価できなくなる、自分の観点にこだわってしまう
  8. 女が自分に対して意見をしてくるのは自分を責めるためだという思い込み、自分を責めているのでなく相手と一緒に問題に向き合おうという観点をもっている
  9. 男は女を守るべきという洗脳のせいで、女が悲しんでいたら男である自分い問題があると罪悪感を感じてしまう、自分が問題を解決しなければならないという男にかかった洗脳、
  10. 相手にいってもどうせわかってくれないという洗脳にかかっている自分
  11. 卒業してしまうと肩書がなくなり急に社会不適合者のように感じてしまうがそれが自分の人生を歩むというもの、ただひたすら己の道を行き自分の人生を進むのもありだが、将来についての不安がある未熟な人間であるのも事実、恐怖することで自分の人生を開拓することはできないが、自分の限りある時間をすこしだけつかってそれにむかって挑戦することは別に問題ないのではないか、ただし自分の人生を歩みながら社会を良くし、家族を養い、日本を活気づける客観的証拠(給料をもらう、自分の食い扶持は自分で稼ぐ、親がしんでも生きていけるようにする)も俗世で生きるには大事である、そのため1年間自分のやりたいことをとことんやり自分の恐怖のエゴをすて果敢に攻め、それでもだめだったら客観的証拠を固めるため就職活動をするのがいいのではないか、思考は正しくない、直感を信じろ、結果的に自分の頑張りが客観的に評価されればいい、そのためにいろいろ苦労をしなければならない、1年間を有効に使うため何をしたいのかを見定めないといけない
  12. 自分が悩んだもの、苦労したもの、絶望したものは後々ビジネスになる、なぜならそれを求める人間はかならずいるから、そのためには自分がいかに絶望し苦労できるか、すべての仕事は顧客の欲求、問題を解決するためのカウンセリング!?
  13. 相手を都合よく笑わせようとしてくる奴の観点、自分はおもろい奴を認めさせたい、承認されたい、相手がむすっとしてたらむすっとしている奴が悪いのだと悪口をいう、そうすることで別の方向から笑いを取ろうとする、でもそれで笑いをとれてもエゴからくる笑いだからすごい醜くないかい
  14. 瞑想することによって得られるもの、自分は誰でもないんだ、自分も相手もないんだと気付ける、いまここにある目覚めた意識だという感覚を取り戻せる、
  15. 成績より、態度が印象に残る→自分の能力をみせるのでなく、頑張っているふりでもおk
  16. 相手に恐怖してしまうのであれば、相手がなぜ自分にそういった行動をしてくるのかを背景から推測、目的を推定、心理学から学ぶ、こいつのちっぽけなプライドを守るために自分の地位を落とそうとしてくるのだな
  17. なんでエゴからくる思考はあてにならないのかを客観的に説明→思考は生まれた環境や常識からくるもので自分の本心ではないから、自分の本心でなくてもそうしなければならないという気持ちだけで自分の本心と勘違いしてしまいがち、自分の人生は一度きりなのだからそんな古臭い固定観念、常識に縛られるより自分の人生をつかっていろいろあがいたほうが面白い、相手はこう考えているだろうな、相手はこんなやつだという思い込みも経験から勝手に自分の思考がイメージをし人物像を固めているが、自分のこれまでの経験と違う人生を歩んできた他人の観点から見るとまた違った人物像が見えてくる、相手を憎んでしまうのも思考のせいである
  18. 自分の感情、好みが思い込みであると気付けるヒント→自分が嫌いと判断するパターンがあっても自分という入れ物が変わればパターンは変わる、つまり真実ではないそれはお前の思い込み、
  19. 自分の問題に絶望できれば解決できる(他人の顔色を窺う問題は解決済み、相手の承認を得るために自分の人生を決めてしまう問題はほぼ解決済み、便利なものが幸せであると思っている問題、自分はこんな人物なんだと可能性を制限してしまう問題、自分は恋愛するにはふさわしくないと思い込んでいる問題、知識がなかったらそれについて興味をもってはいけないと思い込んでいる問題、相手が知っているものは自分も知っていないといけないと思い込んでしまう問題、おまえそんなことも知らないんだといわれても自分の価値はへらないという問題、知ってて当然でしょと思われているものを知らない自分は価値がないように思い込んでしまう問題、自分にお金を投資してはいけないと思い込んでいる問題、問題や未熟なところがあってもいいんだと気付けていない問題、自分のプライドが成長を邪魔しているのだと気付けていない問題、研究や仕事で問題が発覚するのを恐れている問題、大学で学べることは原因不明の問題にぶつかったときに過去の文献などから自力で原因や解決案を導き出せることであることに気付けていない問題、相手に自分の考えを伝える必要性に気付けていない問題、集団での会話にはいりこめない問題、たとえ周りの空気を和やかにさせる目的でも相手の悪口を言ってはいけないと思い込んでいる問題、相手の欠点を主張できない問題、自分の欠点をさらけ出せない問題、相手をバカにできない問題、優しすぎるあまり自分の問題が見えにくくなっている問題、他人と多く話すことで自分の問題に気付くチャンスが生まれることに気付いていない問題、就活しないことによるリスクに気付けていない問題、自分がいかに恵まれた環境にいるか気付けていない問題、若いうちにしかできないチャンスに気付けていない問題、学生にしかできないチャンスに気付けていない問題、自分はカッコつける人間になれないと思い込んでいる問題、自分がかっこよくない行けていないと思い込んでいる問題、損得に執着してしまう問題、自分一人で生きていくことはできなんだと自覚していない問題、恋人がいないまま年をとることの恐ろしさをしらない問題、相手の気持ちをおもんばかりすぎて自分の意見を言えない問題、事実を相手に突きつける勇気がない問題、院に行く資格をけることのリスクに気付いていない問題、どうせ無理だろさすがに厳しいだろ都合が良すぎだろと可能性を見限りあきらめが早い問題、往生際が悪くない問題、自分の得意なことに気付いていない問題、自分の良い点を含めてアピールすることになぜか消極的になってしまう問題、自分の意見を通そうとする意志が欠如している問題、)
  20. 大学で学べることは問題にぶつかったときに自力で文献などから問題解決の糸口をみつける能力である、自分で問題に気付き自分でその問題解決、原因について自力で考える能力をつければ十分就職で有利に働く、
  21. 自分の問題が潜んでいる状況とは、ロックがかかっているものとは→自分の居心地が悪い時、バツが悪い時、自分を守ろうとしてしまうとき、恐怖が働くとき、こんな自分嫌だなと思ったとき、他人ができているのに自分がそれに対して躊躇してしまうとき、やりたいけどやってはいけなんじゃないかと恐怖を感じるとき、こいつは嫌い屑だ分かり合えないと思うやつにあったとき
  22. 自分が好きだなと思う人はそれまでの過去の自分が作り上げたエゴの自分が好きな人だから、その好き嫌いのパターンにうまいことはまった人と付き合っているだけ、その惹かれた人を利用して自分を制限している自我やエゴに気付くチャンスをつくる
  23. 他人は自分の知らないエゴを映し出す鏡である
  24. 自分のなりたい人がいても、その人に近づいたらこういう人になるだろうといった勝手なイメージが強すぎる、思い込みがあるとその人になるのが難しい、(自分がなりたい人はまじめでなんでもできるイメージがあるから不真面目なことをその人から勧められたとしてもそれはスルーする、経験者からのアドバイスなのに自分のバイアスでその意見を否定してしまう、こういう時自分の思考好き嫌い思い込みこうすべきなんじゃないかという思考に気付き周りの経験者に言われたことにサレンダーすると道が開けてくる)
  25. 自分がしてほしいことを人にしてあげなさい教育論のマイナス面→自分は悲しい時に元気づけてほしい人間だから、相手が疲れていて浮かばない顔をしているときはなにか話しかけようと思う、でも相手は疲れているときはひとりにしてほしい人間で相手が話しかけてきたら今の自分の欠点を指摘しているようにしか聞こえなくなる、相手の言葉を色眼鏡で見てしまい相手の善意が悪意に感じられる、
  26. プラスとマイナス、ニュートラルを考えるメリット→エゴにとらわれていると片方しか見えない、あえて観点を移動させることで違った面がみえるようになってくる、それを繰り返しやることで宇宙的に見たらどっちもあるだけだなNEUTRALだなとなり、その時その時の最善の選択をすることができるようになる
  27. 自分の観点「研究室に名前だけ所属で研究していないやつがいてもいいだろ」、多田の観点「自分の研究室から不真面目なやつは出したくないし、卒業しなくなることが確定している奴を研究室に置いておくことはできない、籍だけ置かれても自分にとってのメリットがない」←自分の研究室にそういうやつがどんだけいるんだよ、むしろ研究をさぼりますといって在籍しているほうがよっぽど迷惑をかけなくていい学生ではないのか、なんで自分の研究もしてなければ先輩としての仕事もしていない秋井、谷川についてみんなの前でなにも批判しないのか、それがまかり通ると思われているからこんなにさぼるやつが多いんだろ、
  28. 多田が自分を研究室に置くメリット→引き継ぎ作業が3月を過ぎても来てやれる、休学中は本当はきてはいけないがお忍びで、そうでなければ引継ぎ作業は最低限のものしかやらない、自分が岡山大学にいてよかったと感謝できる、認めてもらえたら多田先生の懐の深さに感謝する、自分が社会に貢献した時に多田先生に恩義を感じずにはいられない、
  29. 避けたい方向→自分のなかでどうでもいいと思っていること(研究)に時間をとられること、多田に雑用を命じられること、
  30. 絶望はチャンスのプラス面→自分の境遇がかなり不憫で自分がやりたくないことでもやらざるをえなくなる状況はサレンダーの行動と同じ、つまり自分のエゴを殺して生きることが可能でありより悟りやすい
  31. 割とうまくいっている生活の中では、生活することに埋没してしまいがち、エゴにとらわれがち、そうじゃなくて瞑想などで自分は息子、学生といった役割ではなく何物でもないと思い出せば、いつでも無条件に戻れる安心感をもてる
  32. 瞑想はするものではない、睡眠は思考して睡眠するのではない、思考を捨て寝ている状態にかってになっているのである、瞑想も同様に買ってに瞑想してたが正解、瞑想しようと思っているとできない、自分がやろうと思考することを捨てるのが瞑想
  33. チャンスが見えない人間パターン→リスクをとってもリターンがあるとは限らないと思考してしまい、及び腰になる、現状維持にとどまる、思い込みの人生から抜け出そうとしない、
  34. エゴの塊の傲慢さ→自分は自力で生きてきたと考える、自分だけでなく運も左右していたのに全部自分の思考、エゴのおかげと考えている、自分が頑張ってきたからこれだけのたくわえができた、自分がちゃんと研究をしてきたから成果がでた、
  35. 自分はないんだと実感するためには→今の不完全な自分でもすべてあるがまま、100%の愛を受け取る資格があると認めよう、本来はあるがままでもいい悪いは難題とたまに認めよう
  36. 自分を知るため、他人であるSGを知るため、酸いも甘いも経験するため生きている、苦しみ悲しみが回避すべきものだと誰が決めた、それを味わうのも生きてきた目的、それもあるだけ、
  37. 現状維持がわるいと思考し、いまのままの自分は本当は良いも悪いもなくて完璧なんだとたまに直感を働かす
  38. 今のままではだめだから頑張るのではなく、なりたい自分になるために頑張るはすごいいいことだと思う
  39. やりたいことは外部からの強制、義務、ねばならない縛りからは見つけにくい、やりたいことは夢中になっているものに潜んでいるかもよ
  40. 思考、エゴにもいまの自分でもいいんだと思わせるためにエゴが思う自分の欠点を見方を変えてプラス面がないか調査せよ、直感は良いも悪いもないと知っているがエゴはどうしても過去の経験に縛られてしまうからエゴの代弁者思考を使ってエゴの考えをほぐす必要がある→足が短いことはださくて肯定できない+足が短いことで女子からかわいいと思われる、足が短いことで泳ぐのが得意、