絶望ノート(8/15)

  • 目標でっしょ➡意識で無意識領域をコントロールする、自律神経をコントロールする、脈をコントロールする、無意識にふくまれる空気を敵としてみるのではなく味方としてコントロールする、シャーマンの技術をうけて体感で五次元世界を垣間見る、本質がみえて自分の人生をいきること以外をすべて投資して金持ちになっても本質は見失わないようにする、マトリックスの世界を先端で感じ取る、自、せっかく手に入れた触覚の鋭さ、手先の器用さを活かしたい、石をみても感動できるようになる  
  • 自分が引っかかるアンテナは➡自分の人生をいきる、空気を意識でコントロールする、
  • チャイルドがひっかかるアンテナは➡
  • 年代によって当てはまる法則が変わる
  • 今日の法則➡ITパスポートを8割身に着ける
  • パイソンをならうことと比べたらITパスポートンなんてかわいいもんかもしれない、こんなことでてこずっている暇はない
  • チャイルドがわかるように説明できることで無意識にすりこまれる、化学のように
  • 期待に押しつぶされるのは人生をいきるものとしてどうなの、期待に応えることは実は本質ではない、法則ではあるかもしれないが、それを第一優先にしていると無意識に左右されてしまう、無意識に左右されて自分が成長できるのであればいいのだけど、挫折した時に意識の力で継続を断念しないよう注意しなければならない
  • 期待されるからやらないってどうなのもろ無意識の奴隷じゃん、そんなのきにするなよ
  • 法則には優先順位がある、法則すらも相対的
  • 法則ランキング➡成長、自律、100%の覚悟、継続、自分の価値観を柔軟にする、言語化して意識下する、時間は有限
  • 楽して自分の人生を生きたいとおもうチャイルドがでてきたら殺せ、臼井さんが楽したいからという理由で一日でも経営、農業をさぼろうとしたことがあると思うか、自分で企画したことを自分が放棄したらだれがやるんだい?
  • 無理だと思われるものを企画してくれる人がいることがチャンスがうまれる、宇宙がうまれる、職人は大変だが無茶振りされるくらいの依頼を受けることで既成概念からぬけだせる
  • まずは洗脳されている意識をいったん脇に置いておけ、自分の中ではこれをしないとまずいだろうということも無理やり、洗脳された自分の成長を阻害する意識思考を殺してその分野に踏み込んでいけ、ダメだろうと思っていたことは必ずはずれる、視点が切り替わるから見えていたものが変わるから当然だけどね
  • 自分の人生を生きたいというチャイルドの意識をサポートするよう無意識に活動させる
  • 他人ができないことを、たんきかんではできないことをいま自分がやることでKと差をつけられる

絶望ノート(8/14)

  • どうせおれは極められないという洗脳➡失敗した時にペインを失わないよう安いものを買おう
  • 知識のあるやつをひがむ、ひがんでいる暇があったらたくわえろ、ひがんでるようなら死ね、努力して知識を蓄えてるんや、それを否定するということは一生知識は手に入らない

デジタル記憶喪失、デジタル健忘症

  • デジタル記憶喪失とは➡スマホやPCを自分の外部記憶として扱い、自身の脳をつかわなくなることで、ある特定の情報を忘れてしまう傾向を刺した言葉です、
  • 例は➡スマホなしでは家族の電話番号すらわからない、住所を思い出せない、私の場合、いまだに実家の電話番号を覚えていない
  • セキュリティー会社カスペルスキーの調査結果➡16歳から55歳までのアメリカに住む男女1,000人のうち44%の回答者が、「記憶をスマートフォンに頼っている」と認めたことが分かりました。 また、51.4%が友人の電話番号を覚えていませんでした。
  • この背景は➡スマホ、電子機器の普及があげられる。昔はいまのスマホのような便利なものがなかったからアナログの手帳で対応するか、自分で暗記するしか方法がない、しかし、現代はスマホ一つあればほぼなんでもできる時代になり、自分で記憶する必要がなくなった、目的地にいくのも地図アプリに頼ればいいし、連絡するにもラインで十分です。
  • デジタル記憶喪失の問題➡電話番号などの情報を思い出せなかった、ではない
  • 一番の問題➡回答者の36%がインターネットで調べようとしたこと、これは情報をたどるとき、思い出そうとする努力すらしなくなったことのあらわれ、思い出すことを繰り返すことで記憶が定着するので、思い出そうとする前に検索してしまうのは記憶力の低下を招く
  • 原因は➡すぐに知りたいという焦りの欲(忙しい現代人の性)、思い出すのが面倒という怠慢
  • 記憶力低下を防ぐ改善策は➡意識的にスマホから距離を置き自分で思い出す努力をしてみる、答えをすぐ求めない、情報を収集したときに自分の言葉で要点をまとめ記憶する、脳トレをする、
  • (メリットは➡自分の脳にたくわえる情報をへらすことで、必要最低限のことだけおぼえればいい、記憶のスペースを別に使える、省エネ、自分にとって重要な情報だけが記憶として残る、マルチタスクをこなせる)
  • (デメリットは、➡外部記憶装置に依存しているあまりそれがなくなったとき対処できない、必要最低限のパスワードすらもここに書いてしまうと機密性が保持できない、情報のありがたみがなくなり覚えようと努力することが少なくなった、ネットがあったら探せばいいということで苦労して記憶しようと思わなくなった、
  • 文明は発達していくが、人間の文明性は悪化の一途をたどるだろう
  • 買って安心して読まないで積んでおく本、すぐに読まなくてもいい、これと同じようにすぐにアク
  • にかかわっていくうえでセスできる情報は、いま覚えなくてもいいと判断してしまっている、これでは思い出す努力などしなくて当然

絶望ノート(8/9)

  • 記憶喪失を願っているようだが喪失したあとまでイメージできているか?
  • 自分の人格を構成するのは過去の記憶、五感から得られるもの、自分の肉声
  • 自分の記憶がなくなったと、自分がわからなくなる、
  • 記憶を思い出したくないのはマイナス面しかみえていないから、プラス面もみれば意外と面白い
  • 自分を構成しているのは自分の身体だけではない、この体を通して感じられる外部の世界がなければ自分が全く分からなくなる
  • 漫画を義務感で読んでいるやつはいない、しかし、それを共有する時に内容を覚えていないと話し合えない、自分の中で楽しむのなら言語化しなくていいが、どこが面白いか、どこがためになったかなどの質問に答えられるようにしないとつながれない
  • 知識量で勝負するために漫画をよむ、という視点しかないからつらい
  • 吟味しないで決めたものはたいてい後悔がついてくる
  • 比較対象が少ない中で選んだものは盲目で選んでいるのと同じ、視野を広げろ、もっと選択肢はあるし、今しかないと思っていることはたいてい後でひっくり返る、いくらでもチャンスはめぐってくる
  • 無意識にあるものを意識化させろ➡自分の好きなもの、なんでそれが好きかは無意識が知っている
  • 基本的な自己紹介はIELTSを日本語で答えることができたら達成できる

絶望ノート(8/7)

  • 前のやつを好ましいと思う人間と、嫌いと思う人間、こいつは約束守らん奴だなーと怒るならそれはおまえのチャイルドがまだ未熟だから、自分の小さいころを振り返って約束を守らなかったことを直視しろ、そこからは➡
  • 一石二鳥になるよう、苦手なことをつぶしていく
  • 回路がおかしい、ひとが期待するからそれに興味をもとう、頭にいれようって違くない
  • 外部の情報がないと自分がわからなくなるぞ
  • 奪われたくない、まわりは奪うやつらばっかだと思うのは無意識に人のものをうばおうとするスミスがいるから
  • 被害者意識の在日、半日共産は視界から殺せ、そんなやつに構っているほうが損だ、無視しろ、そいつらが目障りだと思うなら、お前が被害者意識の塊だからだ
  • したら、される、因果応報、されたくなかったらスミスを殺せ、これから徳をつめ、悪事をなすとあとでかえってくるようにみえる、自分を修正する手間がもっとふえる、
  • この世に生まれてきたのは自分をしるため、他人と触れ合うため、外部に興味をもつため、だとして、何事にも興味をもてなくなったおれはどうすればいいんだ
  • いまの活力、ユダヤ人の考え方にひかれる、マトリックスの考えに惹かれる、生きててよかったと思える
  • フラクタルで罪悪感をけすためには
  • 罪悪感でなんにもてにつかない、なんにも興味をもてないう
  • プライドが高くて自分より賢い奴を認めたくない
  • 言葉で暗示がはいる、無意識に刷り込まれる、今日もなぜかクアラルンプールと因果応報が頭の中からすっとでやすい、本からのものと警察博物館でえたものが無意識にすりこまれたようだ  
  • どの分野に進んでも足かせになる問題➡高いプライド、無関心、言葉をつかわない、他人に興味がない、低い雑談力
  • なんで無関心➡生きていることに執着がない、耐える人生の上映中、罪悪感
  • なんで無知だと居たたまれなくなるのか、期待に応えられないと穴にもぐりたくなるのか➡無知だとバカにされているとおもうから、無知を馬鹿にする自分がいた、最初は無知であたりまえだよとチャイルドに言い聞かせる、
  • 一番きらいなワード、そんなことも知らないの?
  • 無意識の思考回路から脱却するための手法➡目的論、観術
  • 観術は海がよかったら脱却しやすいが、一人では難しい、一匹狼でも因果から解放されるには目的論で対処せよ
  • 機会にできないこと、因果から脱却すること
  • 因果にとらわれず進歩しようとするネオ、因果にとらわれて現状維持を望むスミス
  • おまえならできるよ、と励ましてくれる環境で働く
  • 信じるのは宗教、集中はマントラ、観察はヴィバッサナー
  • 美容師だった、美について関心がある、本質からクライアントの無意識化のニーズをくみ取りあっているものを提供する、デザインをゼロからする、
  • 今やっている仕事は自分の成長につながっている、軸とつながっている、自分の人生をいきる、キャリアプランを積むうえでつながっているときづけ、それか気付きやすいものに転職しろ
  • 合理的な設計よりも一人一人にあった設計をつくることができたら勝てる、アメリカのやり方と違うものをつくれば勝てる
  • 子供のころの好きなものと、いま重要だと思っているもの感じているニーズにかい離がある
  • 子供のころすきなもの
  • 大人脳でかんがえてやりたいもの
  • 損得で選ぶとますますやりたいものがわからなくなる  
  • 心の底ではアナログを望んでいる
  • クライアント至上主義、金もらってるんだから奴隷になれ、の風潮をりようできないか
  • 楽をえらんだくせに、賃金が安いと文句をいう労働者、そんなやつには冷たい日本
  • 仕組みをいきない変えることはできない、仕組みが気に入らないから海外で働くというのもできない、ならば、いまの仕組みの特徴をとらえ、来る仕組みに備えて動く、仕組みを利用する
  • ニーズがあればいい職であるわけではない、物流はニーズはあるが待遇は細工でキャリアアップも望めない、
  • 安く、こきつかえる人材が減ってきた日本、労働者人権に光が当たり始めている、奴隷のようなやり方は通用しない、外人の手を使う以外は
  • 能率あげる、与えられたタスクが早く終わる、自分の時間がふえる、と思われていた産業革命⇔実態は能率を上げた分よりこなせる仕事が増えたと考えた会社が増え、能率で勝負しなければならない時代に突入、能率をいくら上げようが仕事にあてる時間はかわらず、より大きな労力を強いられる、今の社会
  • 共通の話題がない、共通の興味がない、というのがコンプレックスだったら、それはむしろチャンス、どの業界でもこのコンプレックスを克服する機会がある、
  • いまの自分の軸は、同じような人間がいる分野で働きたい、ということだけ、
  • 薄給で激務のバイトにだれもくいつかなくなったから、地域正社員、限定正社員で譲歩したろ
  • 仕組みのなかでいきるか、仕組みを作る側にたつか
  • 自分に都合のいい仕組みの中でいきつつ、仕組みを作る側に将来なれるよう動く
  • とめられない仕組みもある、その仕組みから目を背けて将来ゆでガエルになるか、それを見越して問題にぶつかっていくか、
  • 止められない仕組みとは➡AIの対等、人間の手に頼らなくて済む、人件費を抑えたいという経営、能率が悪い奴は切り捨て、グローバル化、安い人材の流入、英語が公用語
  • 他人のつながり、信用が金に象徴されている、金がなくてもつながりさえあればなんとかなる、このなんとかなるというのは耐える美学
  • 完全成果主義の競争主義とは肌のあわない日本人、どう折り合いをつけるか
  • ネットでググってできることは機械化され、職業としてなりたたなくなる、養蜂家
  • 自分の軸は感動したいこと、頑張れた理由

 

なんで研究がだるく感じたのか➡マニアックすぎてやりがいがない、なんでこんな効率にこだわるんだろう、だいたいでいいだろうという感覚主義

偽アダルトの軸➡人のやくにたつ、先端ではたらける、

アダルトの軸➡成長できる、独立できる、研修が充実している

子供の軸➡思い通りにやりたい、営業はいやだ、技術で

学びたいもの➡哲学、宗教、疑う力

絶望ノート(8/3)

    • 自分がバカにされたと思うのはだれかをばかにしたから
    • そんなこともしらないのか、しらないとそれをやる価値がないと批判されていると思うのは自分が批判していたから
    • 同じ状況になってもみやぞんはそんなことを微塵も思わない
    • 相手の弱みをにぎってもそれを悪用することができないおれ
    • 英語を習得する目的を忘れるな
    • 自分のなかで整合性がある、説明がつくと思っている洗脳、あたりまえ、原理ほど見抜くのが難しいものはない
    • 日本は金太郎あめ
    • あたりまえでしょ、で考えることを放棄したくず
    • ありえないはゆでガエル化の象徴
    • テストをうけるのはフィードバックをして、このやり方であっているか確かめるため、主観だけだとわからない、デジタル化して客観視を
    • 言葉として存在していないものは認識できない
    • 自分と同じ境遇のやつにしか共感できない、アンテナに引っかからない⇔アンテナにひっかかる、それを言語化して自分の中に落とし込むことができるということはその意見を発しているのは潜在意識の自分
    • 選ぶときに偽アダルト、スミスに主導権を渡してしまうとあとでこんなことになるはずなかった、と他人をせめる、給料がやすいのは楽な仕事につく代償だったことを忘れているスミス、それをえらんだのはまぎれもなくおまえ、絶望することから逃げた結果だ、つらい、苦手なことはやりたくないという言い訳で目の前から逃げた結果がいまだ、楽する代わりに薄給をえらんだのに給料がやすいのは国のせいだとほざきやがる、死ね
    • 人生とは達成感を感じるためにあるのである

     

     

    1. その分野の常識をしらないとばかにされる、その分野にはいってはいけないという洗脳、見栄っ張り、期待に応えれらない自分に耐えられない、めんどくさがられるのがいやだ
    2. 恥ずかしい、焦り
    3. なにかやるとおれの知識、技量を問われていつもがっかりされる、、どうせおれは期待に応えられない、不当に
    4. 12歳、好きなカードゲームでカードの交換をするとき、そのカードの価値の相場をしらないで交換を希望したらそれはないだろ、と冷たい空気になった、弟の世話をしろといわれてめんどくさくて適当にやったら怒られた
    5. 期待に応えられない(その分野の基本を完璧に知っている)となにもしちゃダメなんだ、すこしでもやっていたら期待される、期待に応えられないことは恥なんだ
    6. 期待されないようひっそりと生きよう、期待されないよう全くその分野の門外漢ということにしよう、期待に応えられない等身大の自分がばれないよう知ったかぶりしよう
    7. 本当はすごいと言ってほしかった、だから見栄をはっていた、

     

     

    自分の感情を表にだすとばかにされる、性欲にしたがうとばかにされるという洗脳

    できない自分を認めたくなくて勝負から逃げる

    勝利の道筋がみえないと行動に移せない、やみくもに、がむしゃらにやるというのができない

    攻めの姿勢がない、闘争心がない

    自分のアンバランスが体のせいでファッションを楽しめない

    恋愛でこっちから攻めるとそれを弱みにとられる、だからこっちから声をかけない、合意のうえでやったのにおれが悪いということになって弱みを握られた

    まゆげをそったことを指摘してくる奴、裸の王様を指摘してくる奴を殺したい、弱みをにぎられるのはだめだ、

    恋愛に貪欲な自分をせめる、きもいと思う、恥じる

    こんなおれは信じてしまえばいいのにと思っている

    チーム力に貢献できにあ

絶望ノート(8/2)

    • あたりまえに感謝、感謝リストつくる、自分がそのためにだったらなんでも捧げられるものが富
    • 健康が湯鮮度が高かったら長生きする
    • 優先順位の高いものが返ってくる、金がほしければ収入を価値の上位におけ、自分と金を評価しろ、みとめろ
    • 自分を安売りするな、俺には価値があると自分が認めないでだれがみとめるんだ、まずは自分で自分の仕事を評価して給料を考えろ、下手に値段交渉に応じるな、俺の価値がわからないなら消えろくらいの勢いでいけ
    • 募金という形で徴収すると500円くらしかたまらない、自分でこの仕事には3000円の価値があるんだと認めて相手に求めれば3000円だしてくれる
    • 支払いの順番は価値観の優先順位とつながる
    • 金を稼ぐという意義が欠如しているとたまらない、なんで金が必要かを考えろ
    • 金を1億円稼ごうとするだけの十分大きな理由がないとエンジンがかからない
    • 金を大事にしないことのデメリット、メリット
    • 金を大事にすることのデメリット、メリット
    • 金が自分の人生にもたらす意味に気付くまで金の優先順位があがらなかった、かせげなかった
    • 第一優先の価値観と金のリンクに気付かせる
    • 怒りをかんている相手の行動の強み、その結果で自分がえられるものを考えてひっくりかえす、感謝する
    • 凡人の相手に感謝されるためには相手の価値観にあった行動をとる、本当はすべての行動が相手の価値観にいい結果ももたらしているのだが、視野が狭い凡人はメリットしかみようとしないので目に見えたメリットを相手に提示しよう
    • 相手になにかしてもらうときは、相手の価値観に沿って、その結果、成果が相手にどういうメリットがあるか提示しろ、デメリットはふせておけ
    • 詐欺師の手段、その成果があたかも自分にメリットしかもたらさないかのように誘導、本当は自立心、成長の欠如などのデメリットが隠れているにもかかわらず依存してしまう
    • 夢中、相手を見上げる、相手の欠点より利点に目がいっている
    • 嫌う、相手を見下げる、相手の利点より欠点に目がいっている
    • 嫌うも、夢中も本当はNEUTRAL、相手がどっちかに見えたらお前が色眼鏡でみているだけ、バランスがとれたとき感謝ができる
    • どう考えてもそれが自分にとって何にも役になっていないかのようにみえることでも彼らは彼らの価値観に従って生きていることを認識せよ
    • 客の優先順位を察しろ、
    • 失うものはない、形をかえるだ、誰かを愛しているならそいつが消えたとしてもその人は決していなくならない
    • 無知とは物事の片面しか見れていないことを指す
    • どんなことをしていていも称賛と非難をうける、自分の色をだしていくと批判も協調されるが、称賛も見えてくる
    • 批判と称賛どちらにもメリットがある、それに気付いて感謝する、批判だけだと自尊心が損なわれ、称賛だけだとうぬぼれる、どっちもあることであるべき姿が鰓エル
    • 自分を褒める人だけつくろうとしても無駄、批判されることはあたりまえ、批判されて成長できる
    • 称賛だけを望むという幻想を打ち破り、三次元のなかの天国と地獄をバランスよく味わい感謝する
    • それぞれは役割を担っているだけ、さぼるありになろときもあれば社蓄のように働くありになるときもある
    • チャイルドが傲慢なまま、親がしかる、警察が取りします、いじめっ子が乱暴する
    • 保護が過剰なときは自立を促すようなイベントがやってくる
    • 現実におこることそのものに善悪があるわけではない、そのときに自分に都合の良い時だけいいように感じる、色付けしているのはおまえ、迫害されているときでも、そのいい点を見ることができればどこでも生きていける
    • 不運だと思う出来事のメリットにだいたい怠慢、無知、傲慢につながることが隠されている
    • 躁になったときはデメリットを探して冷やし、鬱になったときはメリットを探してネッスル

     

    マイナスしかみれていないもの

    • いじめにあって自尊心を粉々にされた、悔しい
    • 高校時代を謳歌できなかった
    • 共通の話題がなくてさびしい
    • 恋愛にトラウマをかかえているから奥手

絶望ノート(7/31)

  • 第一次視覚野を破壊すると全盲
  • 第四次視覚やを破壊すると色がわからない、モノクロ
  • 第5次視覚野をはかいすると動きがわからない、止まっているものはわかる
  • 色を4で知覚、形を認識、動きを認識、赤い、リンゴ、転がっている、その順で知覚する、同時には理解できない
  • 今見えているものと思っているものもすでに過去目の前に転がっている、そのちょっとまえはリンゴ、そのちょっとまえは赤い色をしていた
  • 目ができたから世界が世界としてはじめて意味をもった
  • なんで三原色なのか➡人間の可視光線がその範囲だから、560NMの赤、530NMの緑、450NMの青の三色しな見えないから、世界が三原色で構成されていると思い込む、電磁波の限られた波長しか認知できない人間、紫外線が見えるちょうからしたらさんげんしょくなんて通用しない
  • 第一次視覚野だけで物をみているわけではない、無意識化で作用することになる上丘でみている、この上丘でみたものは無意識で処理されるから本人は気付かない、超能力、オーラなどはこの上丘の力をつかっている
  • 見えてないのに見えているかのようにふるまう盲視のネオ、上丘の上級者
  • 字が読めるほどは発達していない上丘、原始的能力
  • バッターは上丘つかい
  • 無意識を意識でコントロールするのは超絶ムズイ、意識はスイッチのオンオフができる、判断できるが、無意識は勝手に発動する、その発動するのを抑制するためにリトルミーに刷り込ませる
  • 意識とは➡判断できる(表現の選択)、短期記憶、可塑性(過去の記憶)
  • 無意識を意識化させるフラクタル
  • ウェルニッケ失語症、ウェルニッケやが破壊されると言語を使えない、中朝的なことがすべてできなくなる➡言葉をつかえなければ人間じゃない、抽象的な創造、クリエイティブ、共通項をとる、本質をとるということは言葉なしではなしえない、分離を得意とする英語言語で責めるのが吉
  • 日本人が論理に弱いのは日本語のせい
  • 記憶はあいまいなほど賢い、具体的に覚えているとそれを応用できない、抽象化、共通化、パターン化できない、下等生物にはできない、ディープラーニングこそ最高、あいまいだから特徴を抽出できる、
  • なんで知識はすぐ脳にすりこまれないのか➡抽象化するためにいろいろな共通項をインプットしないといけないから、特定の知識だけを頭にいれるのは下等、上等な人間だからこそ定着が遅い、定着が遅いことに気を病むことはない、共通項をとる、いろんなインプットをすることが一番の近道
  • 特徴を抽出、抽象化することが得意なおれ
  • 意識的に共通項を探す訓練をすればおのずと無意識に刷り込みが進む
  • 仕事で金がもらえるのは自分が自分の仕事に価値を感じているから
  • この世は平等、自分が思考をためた分、現実化する
  • 相手、親の仕事を認めることで、自分の仕事が認められる、親と同じ仕事をしている自分を表することになる
  • 脳は主語を把握できない、この世は平等、政治家は働いている、病人は働いていない